新麦コレクション主催イベント・茨城で「ゆめかおり」麦刈り体験❗️


日本の小麦自給率は約1割そのほとんどは北海道で生産されてますが、関東地域でも農家さんが小麦を生産してます。
今回はとれたて、挽きたての日本の小麦をみんなで楽しむプロジェクトパンラボ池田浩明「新麦コレクション」さん主催のイベントに参加しました。

場所は茨城県守谷駅より車で40分程走り坂東市ソメノグリーンファームさんです。
あたり一面黄金色の小麦の穂が風に揺られて絵画に出てくる風景。

ゆめかおりとは❓
茨城県に夢を託された『ゆめかおり』。
とてもタンパク含量が多く製パン性に優れた小麦です。
茨城で栽培されたのは5年程前、今では県の坂東地区農業改良普及センターのスタッフと共同で5人の農家さん達が力を合わせて良質の『ゆめかおり』を日々目指してます。

生産者の染野さん、荻原さんからのお話は興味深く、東京近郊のパン屋さんや食品関係者の方々が熱心に耳を傾けてます。

今年は天候に恵まれて立派な穂が風に揺られて、これからが忙しい時期になるんですね。
麦畑に入るとテンション上がります。
お土産にいっぱい麦をもらいました。

コンバインに乗って収穫体験期待してましたがまだ動かすのは少し早いようで、倉庫にあるのを拝見。

1台300万程の乾燥機が数台並び、予備乾燥、仕上げ乾燥と一日中機械の音が鳴り響くそうです。

今年は天候に恵まれて立派な穂が風に揺られて、これからが忙しい時期になるんですね。
麦畑に入るとテンション上がります。

茨城県坂東市ソメノグリーンファームの荻原さんから、麦を育てる原点は「土」作り。
重要なポイントと言われ、麦刈りの後は畑奥にある土を耕す機械も見せてもらいました。

参加者と一緒に記念撮影です。

頂いた麦でアレンジしてみました。

今回のイベントではカタネベーカリーの片根夫妻とスタッフのみなさまも参加。
「ゆめかおり」を使ったパンを早速カタネベーカリーに買いに行きました。
ぽってりした風貌のミルクロールは甘くて優しい味わいで、弾力のあるパンです。


パン屋さんのご紹介

茨城県坂東市ソメノグリーンファーム
〒306-0514 茨城県坂東市内野山778−1 MAP
電話番
営業日
有)ソメノグリーンファーム代表・染野 実氏
新麦コレクションホームページ
http://mugikore.net/

この記事に関連するキーワード

一覧へ

この記事を書いた人

大谷 りえ子

大谷 りえ子 さん

三食、パンでも困らないくらいパン好き。 13年間の海外生活から見えた日本のパンの美味しいに気づき、パン屋さんを巡ってます。 この感動を皆さんに伝えたくFBページ「ハード系パンの食べ比べ」でほぼ毎日更新!BLOG→http://ameblo.jp/rie-092760

関連記事