パン屋さんを巡る旅メディア パンめぐ

facebook
instagram

いちおしパン屋さん

北海道・蝦夷富士の麓。香り高いクロワッサンがオススメの石窯パン「ソーケシュ製パン所」

2018年08月24日

北海道虻田郡(あぶたぐん)、美しい山容で愛される羊蹄山の麓に、オレンジ色の目を惹く建物があります。「ソーケシュ製パン所」で、石窯で焼かれるパンが評判となっています。
このオレンジ色の建物は、元々ドライブインだったそうです。

近くに羊蹄山が望める素晴らしい立地、羊蹄山は別名「蝦夷富士」と呼ばれて道民から愛されています。

まず目に飛び込んでくるのが、やや小ぶりのクロワッサン。このクロワッサンが絶品でした。しっかりと目の詰まった、とてもしっかりとした生地で、酵母の香りと麦の香りがしっかり、かつ歯応え十分で素晴らしいクロワッサン。

食パンもとてもいい焼き色です。クラムがもちもち、ずっしと重い食パンは仄かな酸味があります。
道産小麦と羊蹄山の湧き水、塩と自家製小麦酵母からできている、力強いシンプルな石窯パンはとても私の好みでした。

カンパーニュ(左)とパンブロン(右)。小麦の魅力を最大限引き出してくれる、石窯ならではの焼き色のパンです。

購入したパンは、クロワッサン、食パン、レーズンくるみ。素晴らしい香りを放っていました。

近くにチーズ工房「タカラ」があり、こちらも賞を受賞したお店ですが、タカラとコラボしたチーズパンも店頭に並ぶ日があるようですので、マストバイですね。


パン屋さんのご紹介

一覧へ

この記事を書いた人

岡田亮

岡田亮 さん

本業は会社員。休日は北海道から石垣島まで日本全国パンを求めて彷徨う旅人。海外はパリを重点に エッフェル塔も凱旋門も見ずにパン屋とスイーツとビストロ巡り。お米は年に数回しか食べない変な日本人です。