虎ノ門「Blanc」が大宮に新店舗『Blanc a la maison(ブラン・ア・ラ・メゾン)』をオープン!


「Blancブラン」の新店舗「Blanc a la maison(ブラン・ア・ラ・メゾン)」が大宮にオープン!

虎ノ門で人気のお店「Blancブラン」さんが大宮に出店!おめでとうございます。ネーミングは『Blanc a la maison(ブラン・ア・ラ・メゾン)』。

今回はプレーオープンにお邪魔した様子と、オープンしてからすぐに訪問した様子をレポートします。

大宮駅からテクテク10分程歩き、大通りから一歩入った、木のぬくもりが感じられる緑のドアが出迎えてくれます。

シェフが自ら塗ったというアンティーク風ドアや壁のレンガの雰囲気が素敵。このアンティーク調のレンガもちょっと使い古した味わいを感じ、お店全体を温かく包んでいます。

プレオープンでは、お店の方々とも交流!

虎ノ門のお店では、朝早くからいつも笑顔が素敵な和田シェフがパンを焼き、時には遅くまでお店にいらしたりすることも。あの小さな厨房から何種類ものパンを焼き上げていたのには脱帽でした。

こちらの厨房は何倍にも大きくなっていて、きっと和田シェフにとっては天国ですね!

笑顔が素敵な和田シェフ!

来年以降になるそうですが、(イケメンの素敵な)パティシエのケーキもお店に並ぶそうです。

今回のプレオープンでは美味しいデザートがいただけました。ますます期待感が膨らみます。

Facebookベージに書かれていらっしゃった、Blancの皆さまのメッセージがとても素敵だったので、引用させてもらいます。

“Blanc à la maison(ブランアラメゾン)が大宮に無事オープン致しました‼

1人が藁のような心で家を作ってもすぐに吹き飛ばされてしまう。
2人で若い木のような心で家を作ってもまたすぐに吹き飛ばされてしまう。
3人でレンガのように強い心で家を作り上げたならどんな逆風が吹いてもびくともしない。

ブランアラメゾンはそんな想いを内装にも込めながら作り上げています。

正直、パン屋さんって大変なんです。
皆が寝静まった真夜中になると静かに仕事が始まり
ー小麦に命を吹き込んでいくー

けして目が離せるような 相手ではない生き物ゆえにパンは人間性を より深めてくれる。
パンは無限の可能性に満ち溢れていて、かまどの女神に愛されている尊いお仕事。
だからパン職人は面白くってやめられない。

パンの香り、
パンから聴こえる音、
焼きあがるパンは一期一会。

全てを楽しみに。

ご来店心よりお待ちしております♡”

スタッフのみなさん

新店舗のパンを実食!

*クロックマダム
さいたま産食パンに特製ペシャメルソースを塗り、ハムとチーズを挟んで焼き上げた目玉焼きがトッピング。
とろ~り半熟たまごが美味しい。

*ジャムパン
牛乳たっぷり、もちもちの柔らかい生地にオーガニックジャムを挟んだやさしいパン。

*シナモンロール
日高バターをたっぷり配合したブリオッシュ生地。
白胡椒がポイントで大人も楽しめるシナモンロール。

料理人とのコラボカレーパンを揚げたてで!

お店の許可を得てカレーパンを揚げてる厨房へ。

パン職人和田尚悟さん率いるパン部門と料理人とBlancの大谷シェフがタックを組んだ一品。この日は、エビとワタリガニのビスク風味の出汁感がカレーの美味しさをひきたててくれます。

やはり揚げたては最高❗️

サクッとした衣にじっくりと煮込んだお肉がたっぷり。

揚げたてカレーパン!

これからも応援していきます!


この記事に関連するキーワード

パン屋さんのご紹介

Blanc a la maison(ブラン・ア・ラ・メゾン)
さいたま市中央区上落合8-3-26プルメリア大宮103 MAP
営業日
<営業時間>
8:00〜18:30(売り切れ終了)
土日祝10:00〜18:30(売り切れ終了)
※2019年9月オープン時の情報
INSTAGRAM
https://www.instagram.com/blanc_a_la_maison/

一覧へ

この記事を書いた人

大谷 りえ子

大谷 りえ子 さん

三食、パンでも困らないくらいパン好き。 13年間の海外生活から見えた日本のパンの美味しいに気づき、パン屋さんを巡ってます。 この感動を皆さんに伝えたくFBページ「ハード系パンの食べ比べ」でほぼ毎日更新!BLOG→http://ameblo.jp/rie-092760