パン屋さんを巡る旅メディア パンめぐ

facebook
instagram

イベント

<イベント>4月11日ー16日開催中!伊勢丹新宿店本館フランス展で焼きたてのバゲットを堪能。

2018年04月12日

0

フランスの食や雑貨を展開する「フランス展」が2018年4月11日より新宿伊勢丹でスタートしています。

 

 

<ブーランジェリー デュロンベルジェ>

2017年フランスバゲットトラディションコンクールで優勝した、メゾンカイザー出身の成澤芽衣シェフ(ブーランジェリー デュロンベルジェ)がアルザスから凱旋。

イベント会場に設けられた広い厨房で、生地を成型したり、クープを入れてる成澤芽衣シェフの姿が見えます。

バゲット トラディションはフランス産の小麦粉と水を使い、ゆっくり生地をこね、低温で長時間発酵させることで粉本来の味を引き出しています。焼きたてをとひとくちかじると粉の旨みと香りがジュワッと口の中に広がります。

 

クラスとはおもいっきりカリッと、クラムはもっちり噛みごたえがありフランス産小麦のおいしさを存分に堪能できます。

 

 

出来立て焼き立てが食べられるのもこのイベントの嬉しいところ!まだ温かいうちにバゲット トラディションを頂きました。

これは果物と一緒に翌日の朝食です。
シンプルだけど一番好きな食べ方は、焼いてからカルピスバターをトッピング!

フライドオニオンとグリュイエールチーズをふんだんに練り込んだバゲット オニオン グリュイエールは、どこをかじってもオニオンの旨みがたっぷり。スライスしてそのままワインやビールのおつまみにぴったりです。。

今回は、ロラン デュロンベルジェ社長自ら現場にいらして明るい笑顔で写真撮影に応対して頂けました。

*バゲット トラディション 各日400点限り 616円(日本製/1本)

*バゲット オニオン グリュイエール 各日100点限り 810円(日本製/1本)

まだまだ魅了あるパン屋さんが勢揃い。

 

 

<ビゴの店>

2017年に外国人として初めて受賞したフィリップ・ビゴ氏の愛弟子である藤森二郎シェフが手がける3種類のバゲット。

すべてフランス産小麦を使用し本場仕込みの製法で仕上げています。

*バゲット・スペシャル

全長約58㎝!という超ロングなバゲット・スペシャル。
クラストがしっかりしているので、歯に自信がある方にお勧めします。
パリパリで香ばしい皮は私の好み。

*バゲット・ムッシュ・ビゴ

低温長時間発酵によりクラムはみっちりと粉の旨みが凝縮され、食べ応えたっぷりです。

*バタール・スペシャル

クラストはパリッと、クラムはもっちりしてるので食べやすく、誰からも愛される味わいです。今回は特別に食べ比べセットがあるのが嬉しい。

 

他にも魅力あるパン屋さんやケーキ類、チーズにワインにとまだまだ続きます。フランスの本場の味を味わって見てくださいね!

 

 

<伊勢丹新宿店本館フランス展>

2018年4月11日[水]ー16日[月]最終日午後6時終了
伊勢丹新宿店本館6・7階=催物場

イートイン・フードコート:営業時間 各日午前11時ー午後8時 最終日午後6時終了/ラストオーダー各日終了30分前

<出店>
ビゴの店
ル・グルニエ・ア・パン
メゾンイチ
ブーランジュリー デュロンベルジェ
伊勢丹新宿店本館フランス展 特設サイト→http://www.isetanguide.com/20180411/france/
※イベント詳細、最新情報は、特設サイトにてご確認ください。


一覧へ

この記事を書いた人

大谷りえ子

大谷りえ子 さん

三食、パンでも困らないくらいパン好き。 13年間の海外生活から見えた日本のパンの美味しいに気づき、パン屋さんを巡ってます。 この感動を皆さんに伝えたくFBページ「ハード系パンの食べ比べ」でほぼ毎日更新!BLOG→http://ameblo.jp/rie-092760

関連記事