アルチザン・ブーランジェ・クピド!のパンでワインが美味しい我が家の食卓。


0

我が家の夕食は今月の「パンめぐ」特集でもある、ワインに合うスペシャルなパン🍞🍷
選んだパンのお店は、奥沢駅から徒歩2分ほどの距離にある『アルチザン・ブーランジェ・クピド』さんへ。
お店の名前クピド、はラテン語で「キューピッド」のことだそう。
なんか幸せな気分になりますね。
外見のお写真、残念ながらこちらのお店の店内は撮影禁止です。

大型のハード系パンが並んでますが、グラムや数枚からでも種類によっては買えるのが嬉しい❣️
職人の東川司さんと店の経営と販売担当の澤口洋明さん。
お店の奥にはイートイン用のテーブルとイスが見え、店内でお店のサンドイッチやパンを食べることができます。
季節の果実を使った自家製酵母を使ったパンが特徴で、チーズやワインに合うお惣菜も魅了。

今回は5種類のレーズンと赤ワイン漬けローストクルミ入りの香ばしいパンを購入。

このパンに合うのは❓
お聞きしたらブルーチーズと回答、早速チーズ屋「フェルミエ」のブルーチーズの中でもしっかりした味わいの『ブルードラカイユ』と赤ワインを合わせてみたらバッチリ👌

このイタリアの赤ワインはリーズナブルでお家ワインにお勧め🍷

艶のあるルビーレッド色で、滑らかな口当たりで、プリミティーヴォの力強さが上手く表現された上質な味わいです。1.500円前後。

どのお料理にも合うバゲットは3種類。

・バゲット トラディション
・バゲット オルディネール
・バゲット アラジェンヌ

今回はバゲットトラディションを購入。


(¥231 ハーフカット¥116)

優しい小麦の香りがふわぁ~っとひろがる美味しいバケット。
切り分けてさっそくいただくと、クラストはガリッと厚めクラムの気泡は大きめです。
粉にはフランス産小麦のスワッソンとメルベイユのブレンド粉を使用。
塩は、フランス・ロレーヌの岩塩。酵母にはセミドライイーストを使用し、水には、浄水器を通した水道水が使われていると説明されています。

 

 

忙しい時は都内に昨年11月から3店舗を出店して注目を集めている冷凍食品専門店「Picard(ピカール)」 のお力を借ります。

お鍋にオリーブオイルで玉ねぎを炒め「冷凍ミックス野菜」を入れてさらに炒めて、固形スープの素を足して煮ます。


とろ~りチーズバゲットと相性ぴったり。

夕食も「皮むき小エビのガーリックパセリ風味」と「エスカルゴのブルゴーニュ風」。
「皮むき小エビのガーリックパセリ風味」はそのまま炒めても美味しいですが、私はフライパンでみじん切りのニンニクをオリーブオイルで炒めて少しアレンジ。

店舗案内
RTISAN BOULANGER CUPIDO
(アルチザン・ブーランジェ・クピド!)
OPEN : 10:00~商品終了まで
CLOSE : 不定休
ADDRESS : 世田谷区奥沢3-45-2 1F
TEL : 03-5499-1839
URL : http://cupido.jp


この記事に関連するキーワード

一覧へ

この記事を書いた人

大谷 りえ子

大谷 りえ子 さん

三食、パンでも困らないくらいパン好き。 13年間の海外生活から見えた日本のパンの美味しいに気づき、パン屋さんを巡ってます。 この感動を皆さんに伝えたくFBページ「ハード系パンの食べ比べ」でほぼ毎日更新!BLOG→http://ameblo.jp/rie-092760

関連記事