芸術の秋に芸術的なデニッシュを【Laekker(レカー)】(東京・代官山)


2+

すっかり秋めいた今日この頃です。
とっても素敵なお店を見つけました!Laekker(レカー)さんです。
代官山駅からすぐ、路地裏のデニッシュ専門店です。

街に溶け込むおしゃれでアンティークなお店。
知る人ぞ知る人気店のようでお客さんが後から後から並んでいます。

素敵な笑顔のオーナーさんと店員さんが迎えてくれました。
「北海道産の小麦粉」「北海道産のバター」のみを贅沢に使用し、デニッシュ一本で勝負されています。さて、どんなラインナップでしょうか。期待が高まります。

こちらのお写真はお店よりお借りしました

今回は「ヴァームデニッシュ」「鶏ひき肉とマスカルポーネ」「オイルサーディン(トマトソース)」を頂きました。
この層の美しさ、伝わりますか?貴婦人のドレスを思わせるような美しさです。
こちらは要冷蔵商品。

こちらはなんと注文後にクリームを詰めていただけるんです!
こだわりの有機バニラのカスタードクリームもぱんぱんに。
サクッサクの層と冷たいクリームがどこまでも幸せな気持ちにしてくれます。

続いて「鶏ひき肉とマスカルポーネ」。こちらはヒーティングして。

一つ一つの完成度が非常に高いですね。
ディナーの一品を頂いているようです。
マスカルポーネのコクとふんわり感じるミルキーさと鶏ひき肉がよく合います。

最後に「オイルサーディン(トマトソース)」。
年齢を重ねるにつれ、こういったクセがある食材を使ったものにどんどん美味しさを感じるようになってきました。
もちろん、購入。

美味しい!
トマトのソースとアンチョビが合うわ合うわ。主人と取り合いになる位(笑)。
アンチョビの風味とトマトの酸味がこんなに合うなんて!本当はお酒と頂きたかったのですが、一気に食べてしまいました。。

Laekkerさんでは季節のフルーツを使ったデニッシュからお惣菜系まで、繊細で美しいデニッシュが揃っていました。
芸術の秋、こんな美味しい芸術はいかがでしょうか。
とにかく人気のお店なので早めの訪問が吉。

お店では贈答用の箱のご用意もあるようで、プレゼントや手土産にも間違いなく喜ばれると思います。もちろんご自身へのプレゼントにも。
またぜひ伺います!Laekkerさん、ありがとうございました。

SHOP INFORMATION
【店名】Laekker(レカー)
【住所】渋谷区代官山町9-7
【営業時間】10:00_17:00 ※なくなり次第閉店
【定休日】月曜・火曜・水曜日(その他不定休)

※写真の商品の価格は、2022年の11月現在の価格となります。
※営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗またはInstagramにてご確認ください。


この記事に関連するキーワード

パン屋さんのご紹介

Laekker(レカー)
東京都渋谷区代官山町9-7 サンビューハイツ代官山1F
営業日
営業時間:10時~17時(売り切れ次第閉店)
定休日:月曜・火曜・水曜
Instagram
https://www.instagram.com/laekker_daikanyama/

一覧へ

この記事を書いた人

しーちゃん

しーちゃん さん

カキ氷とパンを愛する5歳の女の子のママです。