不思議感覚な食べ歩きの新定番「チャーシューメロンパン」【香港飲茶専門店 西遊記】(神奈川県横浜市)


0

こんにちは。横浜代表パンめぐりストAiiiiiiinです!

今回は横浜中華街で話題になっている新名物をご紹介させていただきます。

中華街?中華料理?いえいえ、もちろん「パンめぐ」ですからパンです。

みなさん横浜中華街の食べ歩きといえば「肉まん」「甘栗」「焼き小籠包」「いちご飴」「大鶏排(ダージーパイ=台湾式唐揚げ)」などを思い浮かべる方が多いと思います。

そんな中、最近注目されている食べ歩き新名物は「メロンパン」。

勿論ただのメロンパンではなく「叉焼(チャーシュー)メロンパン」です!

チャーシューってラーメンに乗ってるアレ?

そうですアレです、焼豚です(笑)

焼豚がメロンパンに入っちゃってるんです。

実は香港の飲茶では割と以前からあるメニューなんだそうです。

それを横浜中華街で食べ歩きやテイクアウトとして販売しはじめたのが「香港飲茶専門店・西遊記」さんです。

去年10月コロナの真っ只中、中華街大通りのど真ん中にオープン。

「叉焼(チャーシュー)メロンパン」と書かれた看板を見た時、もちろん二度見しました(笑)

お店へ行ってみるとカウンターの向こうには焼きあがったばかりの叉焼メロンパンがずらりと並んでいます。

3個セットで600円(税別)、その場で食べても、歩きながら食べても、持ち帰りにも便利なパックに入っています。

持ってみると大きさがお分かりだと思いますが小振りで丁度良い大きさです。

何が丁度良いかって中華街の美味しいレストランでお腹いっぱい食べた後でも1個くらいいけそうな大きさでしょ(笑)

あと実際に持ってみると分かりますが皮がとても薄くて繊細、ぎゅっと持ってしまうと穴が開いてしまうほど。

皮が薄くてサクサクのメロンパンに、具はあふれそうなほど詰まっています。

角切りのチャーシューは濃いめに味付けされていて甘いメロンパンと不思議と合い、もう一個と手が伸びてしまうはず。

こういうお味ってホント癖になります(^^)

最近仲間入りした「マンゴーメロンパン」は、甘酸っぱいマンゴーとサクサク甘いメロンパンがお腹いっぱいでも進みます。

せっかく中華街へ来たなら、ダイエットは明日からにして思いっきり食べてください!

おうちで召し上がるなら、電子レンジで30秒くらい温めてからオーブンやトースターでカリッとリベイクするのがおすすめ。

全くお腹に隙間がない方は冷凍の物をお土産にどうぞ(5個1350円)。

ちなみにこちらのお店は横浜中華街で最初に焼き小籠包をはじめた「王府井」さんの系列店。

新しい物を見つけるのが得意な横浜中華街で最先端を行くトレンドリーダー的なお店です。

SHOP INFORMATION
【店名】香港飲茶専門店 西遊記
【住所】神奈川県横浜市中区山下町149-1-4
【電話番号】045-264-9522
【営業時間】10:00〜22:00(L.O.21:30)
【定休日】無休

※写真の商品の価格は、2021年の12月現在の価格となります。
※営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗または、HP、Instagramにてご確認ください。


この記事に関連するキーワード

パン屋さんのご紹介

一覧へ

この記事を書いた人

Aiiiiiiiin

Aiiiiiiiin さん

生まれも育ちも「近代のパン発祥地」横浜。 ご近所がパン激戦区でパン屋さんだけ! 「カリッ」「サクッ」「モチッ」食感フェチ。 シンプルなパンとコーヒーがあれば幸せなアラフィフママ。