人気の「モンパン」とは!?秋の味覚 焙じ茶 モンブラン フレンチトースト【プルミエメ】(東京・奥渋)


0

はじめまして!Instagramで大好きなカフェを中心にパンやグルメ情報を投稿をしているすず。です。
これからパンめぐりストとして時々登場しますのでどうぞよろしくお願いします!

東京 渋谷区の”奥渋”と言われる渋谷の奥のエリア、代々木公園駅からすぐの今年5月より“ちょっとよそゆきの朝ごはん”を提供している看板のない隠れ家カフェ「プルミエメ」の秋の味覚を楽しむ「モンパン」をご紹介したいと思います。

見たことも聞いたこともない不思議なビジュアルの「モンパン」とは!?

秋を代表するスイーツ「モンブラン」と同じくフランス語の
「山(モン/mont)」と「パン(pain)」をあわせた造語です。
そう、パンの山をイメージしプルミエメ流にアレンジした秋のフレンチトーストで甘い朝ごはんとして、夕方のおやつとして楽しめます!

オーダー後に食パンを2cm厚にカットし2分間だけさっと無糖の卵液に浸して鉄板でじっくり両面を焼き、フライパンに移してフランス産カソナードで表面をカリっとキャラメリゼ。

その上に軽やかさを出すために工夫した白ワインやシナモンでコンポートした国産林檎のスライスと、ご近所の「fun.ice!」さんの爽やかなソルベをのせます。

ソルベはスタート時はボイセンベリー&ブラックベリー、その後はラズベリー&マルベリーなどに随時変わっていく予定です。

静岡産の一番茶のみを使用した「カネ十農園」の焙じ茶が香るマスカルポーネ・白餡などを練り込んだ特製マロンクリームを絞り、仕上げに粉挽きした焙じ茶とイタリア栗で山頂を飾ったら完成です。

カットすると色鮮やかな赤紫色のソルベが現れて。。

すぐにカットしてシャリシャリ感を楽しむもよし、溶けるのを待ってソースとして楽しむのもおすすめです。

短時間なのに程よく染み込んで優秀なパンは高級食パン専門店「考えた人すごいわ」のプレーン食パン「魂仕込」を使用しています。

「モンパン」は期間限定メニューです。終了時期はInstagramでご確認下さい。

店内はテーブル席・カウンター席の他、新設した縁側席、予約可能な有料個室もあります。
プルミエメは看板がなく古めかしいビルの2階にあります。

秋の味覚 焙じ茶 モンブラン フレンチトースト通称「モンパン」を是非。

SHOP INFORMATION
【店名】プルミエメ
【住所】東京都渋谷区富ヶ谷1-6-10 代々木公園ビル2F
【電話番号】無
【営業時間】8:00-17:00(ラストオーダー16:15)
【定休日】水曜日(祝日の場合は営業)

※営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前にInstagramにてご確認ください。


この記事に関連するキーワード

パン屋さんのご紹介

一覧へ

この記事を書いた人

すず。

すず。 さん

パンとカフェと奥渋、5年滞在したフランスが大好きすぎて食パンの鉄板調理で「ちょっとよそゆきの朝ごはん」を提供するカフェ「プルミエメ」を東京・代々木公園にOPEN!Instagramでは都内カフェ情報を中心に美味しい情報を発信中。https://www.instagram.com/suzu_premiermai/