素材にこだわりぬく三兄弟で営むパン屋さん。福岡・藤崎「レ・フレール・ドゥ・パン」

2021年01月18日

0

今回ご紹介するのは、福岡市営地下鉄藤崎駅から徒歩10分ほどのところにある、「レ・フレール・ドゥ・パン」さん。

3匹の豚のロゴが印象的なこちらのパン屋さんは、三兄弟で営まれています。
このお店の特徴は、こだわり抜いた素材。パン生地にはジャージー牛乳、糸島の卵、四つ葉バターを使用。さらに食パンとクロワッサン生地には、カルピスバターを使用しています。

そしてその素材を使ってパンを作るのは、ドンクをはじめとしたデパートのパン屋で修行したパン職人。有名店で腕を磨いた、イタリアンシェフ兼パティシエ。ご兄弟のそれぞれの持ち味を生かして焼かれた美味しいパンが並んでいます。

お店やパンについて丁寧にご説明いただきつつ、おすすめのパンを購入しました。

食パン
カルパスバターと阿蘇小国ジャージー牛乳を100%使用した、なんとも贅沢な食パン。きめ細やかな生地は手に吸い付くような瑞々しさがあります。トーストすると耳は薄くパリッとした食感に。さらりとした味わいで、ジャムを塗ったりサンドイッチにしたりしても楽しめそうです。

老舗和菓子屋から学んだ自家製粒あんぱん
十勝産小豆を使用し、あんこの作り方は老舗和菓子屋から学んだというあんぱん。小豆の粒が立っており、豆の皮の食感も楽しめるようなあんこ。外のふんわりした生地が、そんなあんこを優しく包みます。

イタリアンシェフの明太バターフランス
明太バターは辛みが抑えられており万人受けするような味わい。生地は皮が薄いソフトフランスで、外はパリッと中はしっとり。明太バターがじんわり染み込んでしっとり感を増した生地がまた美味。

パティシエのカスタードクリーム
黄身がつまめる卵「つまんでごらん」と、マダガスカル産のバニラビーンズを使用したクリームパン。クリームは目にも鮮やかな、お月様のような真っ黄色。どこか懐かしい、黄身の味の強いぼてっとした濃厚な味わいです。ふわふわの生地にもまた、懐かしい優しい思い出を喚び起こされます。

生クリームメロンパン
切ってみてびっくり。これは、ほぼクリームです!動物性の生クリームを使っているというクリームはとろけるような口溶けで、口に入れた瞬間消えてしまいます。

あまりの軽さにぺろりと食べ終わってしまうほど。クリームをさらりと包み込むメロンパンにも、技が光ります。

更に季節ごとにレパートリーも変わるそうで、楽しみが尽きません!

 


この記事に関連するキーワード

パン屋さんのご紹介

レ・フレール・ドゥ・パン~三兄弟のパン屋さん~
福岡県福岡市早良区弥生2丁目1-1 MAP
電話番
092-517-2388
営業日
[営業時間]
平日・日曜:11時~18時
土曜:11時~19時

[定休日]
月曜日・火曜日

HP
http://les-freres-de-pain.com/

一覧へ

この記事を書いた人

Kayo

Kayo さん

パン屋めぐりが毎週末の楽しみ。個人経営のぬくもりのあるお店とパンが大好きです。