福島・郡山市民のソウルフード『クリーム・ボックス』を食べられる、創業95年の老舗『大友パン』


福島・郡山のソウルフード”クリームボックス”を求めて「大友パン」へ訪問!

郡山市民のソウルフード『クリーム・ボックス』というパンがあり、最近TVでも取り上げられて話題となっています。
郡山市のパン屋さんには大抵置いてあり、お店により様々ですが、今回は創業95年の老舗『大友パン』さんで購入しました。

レトロな看板がキュート!

地元密着型のお店。庶民的なパンが並んでいます。
お客さんが次から次へと来ていて、人気のお店であることが分かります。レジも行列していましたが、手際の良い処理でスムーズに進んでいます。

”クリームボックス”のコーナーを発見!

クリームボックスは、1976年に「ベーカリー・ロミオ」というお店が始めたのがきっかけのようですが、食パンの上にミルククリームを載せたシンプルなパン。
この日のバリエーションはプレーン、アップルラムレーズン、酪王カフェ・オ・レの3種類です。

他店では「モンブラン」や「クリームチーズ」などお店それぞれで趣向を凝らしたものを提供していますから、各店のクリームボックス食べ比べも楽しいです。

購入したクリームボックス。左上から時計回りに「プレーン」「アップルラムレーズン」「酪王カフェオレ」。甘さ控えめのミルククリームが色々なフレーバーで楽しめます。

 

もう一つ、目を引く面白いメロンパンを発見!

中には夕張メロンのクリームが入っていて、メロン感たっぷりのパンでした。

他にも親しみやすいパンがたくさん。お店は郡山駅から徒歩10分程で行けるので、郡山に行かれた際は行かれてみてはいかがでしょう。


この記事に関連するキーワード

パン屋さんのご紹介

大友パン
福島県郡山市虎丸町24−9 MAP
電話番
024-923-6536
営業日
平日7:30〜19:00、日・祝日7:30〜18:00(無休/正月・盆休みあり)

一覧へ

この記事を書いた人

岡田 亮

岡田 亮 さん

本業は会社員。休日は北海道から石垣島まで日本全国パンを求めて彷徨う旅人。海外はパリを重点に エッフェル塔も凱旋門も見ずにパン屋とスイーツとビストロ巡り。お米は年に数回しか食べない変な日本人です。