パン屋さんを巡る旅メディア パンめぐ

facebook
instagram

いちおしパン屋さん

パン好きにはたまらない!西武池袋本店にて「おいしいパンとかわいいパン雑貨」開催中!

2018年09月26日

9月15日(土)~30日(日)まで、西武池袋本店内書籍館(三省堂書店)1階にある「神保町いちのいち」にて、「おいしいパンとかわいいパン雑貨」展が開催されています。パン好きさんならパンを食べるだけではなくパン雑貨も欲しくなると思うのですが、探すと意外に売っている場所が少ないことに気づきます。「神保町いちのいち」は都内を中心に10数店舗ありますが、今回のようなパン雑貨の販売を時々しています。私は新百合ヶ丘店での期間限定販売のときに数点購入して満足度が高かったので、今回も足を運んでみました。しかも、西武池袋でのイベントではパンの販売もあるので楽しみです。

実際のパン屋さんのパンを水彩画でイラストにして小物を制作販売している「BREAD1set」のエプロンは、パン教室に行くのにこのエプロンで習いたい!とおっしゃる方もいる人気商品。

同じく「BREAD1set」の人気商品のスマホケース。私の周りでも使っている方が数名いて、ついつい目が行くんですよね。ネットで見ていたのと実際の商品を見たのとでは実際のほうが数倍可愛いです!

「Pampshade by Yukiko Morita」のランプは、本物のパンをランプシェードにしていて、やわらかい明るさの光が素敵でした。「ビゴの店」のパンを使っているそうなのでビゴの店ファンの方なら大好きなパンをいつも側に置いておけますね。

他にも全部で16軒ものお店の雑貨が展示販売されています。皆様もお気に入りの商品が見つかりますように。

レジ横には日替わりで3~4軒のパン屋さんのパンが並びます。月曜日の朝10時過ぎに着いた時は、雑司ヶ谷「赤丸ベーカリー」のシベリア、岡山「ニブベーカリー」のローマン、他には「浅草ヨシカミ」「つきじ丸武」のサンドイッチがありました。カフェスペースもあるのでパンやドリンクを購入してゆっくり過ごすこともできます。

日替わりのパン屋さんのラインナップはこんな感じです。

購入したパンは昭和11年創業、岡山県備前市「ニブベーカリー」ローマン(労研饅頭)。戦前、倉敷紡績社長・大原孫三郎氏が開設した倉敷労働科学研究所で、女性労働者の栄養食・代用食として研究開発・誕生したのが労研饅頭です(ニブベーカリーHPより抜粋)。見た目はあんまんに似ていて、食べると蒸しパンのようなふかふかの生地、中にはさらし餡と黒豆。甘さ控えめで、食べたことはないのに食べたことがあるような懐かしさを感じます。
もう一つは大正12年創業、豊島区雑司が谷「赤丸ベーカリー」シベリア。築地木村屋のシベリアを食べて大好きになり、今回も迷わず購入。ふわふわのカステラ生地に水羊羹をサンド。生地に合わせて水羊羹も硬すぎず滑らか、こちらも甘さ控えめで美味しかった~。今度お店にも行ってみます。

今回出店されているブランドのもので私が持っている雑貨達の一部です。「BREAD1set」のスマホケース。デザインが数種類あるので悩みましたが、「ルヴァン」「ブレッドプラントOZ」のパンがシックな印象だったのでこれに決めました。ベーグルデザインのものが新作で今回の展示に入荷しているようですのでベーグルファンの方はぜひ足を運んでみてください。

「オソブランコ」のバッグ。大きめサイズで肩掛け紐部分は皮素材なところがカジュアルすぎずに気に入りました。リュック型やトート型、パンのデザインもいろいろあってこれも買うのに迷いました(苦笑)。このバッグを持ってパン屋さんに行くと話し掛けられるので、パン屋さんとのコミュニケーションツールとしても大活躍してくれています♪パン雑貨を沢山見られるこのイベント、開催期間中に私ももう一度行きたいです。


パン屋さんのご紹介

「おいしいパンとかわいいパン雑貨」展
東京都豊島区南池袋1-28-1西武池袋本店内書籍館1階 MAP
電話番
03-6894-1202
営業日
営業時間:10:00~22:00(LO21:30)
定休日:期間中無休
ツイッター
https://twitter.com/2ikebukuro

おすすめパン

「赤丸ベーカリー」シベリア。278円(税抜き)

一覧へ

この記事を書いた人

岩田聡子

岩田聡子 さん

パン屋さんめぐりは人と人を繋ぐ。転勤族&専業主婦の私でも気づけばパンを通じて友達の輪が!!旅行好きな主人と地方のパン屋もめぐってます。