パン屋さんを巡る旅メディア パンめぐ

facebook
instagram

いちおしパン屋さん

シンプルなパンが魅力。早稲田の住宅街で地元に根付いたパン屋さん「神田川ベーカリー」

2018年06月21日

都電荒川線終点の早稲田駅を下車して、神田川を渡り、さらに進んでゆくと住宅街の真ん中にそのお店があります。2017年にオープンした「神田川ベーカリー」。

オーナーの手作り感満載のお店です。ショップのペーパーバッグもセンスがいいですね。

パンのラインナップは、ハード系中心にそのヴァリエーションや、地元の方の日々のパンとして頂けるようなものも揃っています。
大きなカンパーニュは2種類ありますが、それ以外はプチサイズが並んでいます。尚、こちらのカンパーニュは岩手の減農薬小麦『ゆきちから』を使っています。地元にしっかりと根付いているようで、次々とお客さんが来ます。

ベーグルもあります、その他シンプルなパンは日々飽きのこないものですね。

【購入したパン】
*クルミとレーズンのカンパーニュ
*イチジクと伊予柑のプチ・カンパーニュ
*クランベリーとクルミのフォカッチャ
*ドライ苺と柚子バジル
*ミルクチョコと伊予柑柚子

焼き色が濃く、ずっしりと重いクルミとレーズンのカンパーニュは特に美味しかったです。


パン屋さんのご紹介

一覧へ

この記事を書いた人

岡田亮

岡田亮 さん

本業は会社員。休日は北海道から石垣島まで日本全国パンを求めて彷徨う旅人。海外はパリを重点に エッフェル塔も凱旋門も見ずにパン屋とスイーツとビストロ巡り。お米は年に数回しか食べない変な日本人です。