パン屋さんを巡る旅メディア パンめぐ

facebook
instagram

いちおしパン屋さん

ランチをするなら予約必須!横浜・山手で金・土のみ営業。“丁寧な暮らし”をしたくなる空間「ON THE DISH」

2018年06月20日

横浜方面のパン屋巡り。2軒目はJR根岸線「山手」駅から徒歩7分、坂を上がった住宅地の中、しかも車は通れない細い道を通って辿り着く隠れ家感満載の「ON THE DISH」。ナビでは間違える可能性があるとのことですので、HPに載っている行き方をしっかり読んでから行ってくださいね。最後の細道に入る分かれ道のところにこの看板が出ていますので見過ごさないように~。

2年前にも訪れているので主人がそのとき撮影した写真をイメージして撮影したもののまったくの別物に(苦笑)。この門をくぐって石段を上がりきったところにある一軒家がお店です。
店内写真は人が写らなければOKなのですが、この日は平日にもかかわらずランチ利用のお客様で満席。ゆえにパンの写真のみに。「パンめぐ」めぐりスト・大谷りえ子さんの記事に店内の写真がありますので雰囲気などはそちらを参照なさってください。

「ON THE DISH」さんのパンは自家製なつめやし酵母を使用しています。
前回訪問時に買えなかった“食パン(cotton)”買えました!食パンは土曜日より金曜日のほうが多く焼いているそうです。

“伊予柑食パン”。愛媛県の無茶々園の無農薬伊予柑ピール入り。

“マロン”。沖縄産黒糖、イタリア産マロングラッセ等使用。

“イングリッシュマフィン”。前回はベリー入りマフィンを食べたのですが、二つに割ってトーストしたときの、外側カリカリ、クラムはもっちりでほのかに甘く、バター染み染みになったところをかぶりついた時の感動が忘れられません。

“黒糖胡桃カンパーニュ”。これも前回購入してもちもちした生地が美味しかった印象があります。

今回初めて食べた“食パン”。みっちりして重量感があります。そのまま食べるよりトーストして外側カリッ&サックリ、クラムもっちりな感じが好きでした。バターやチーズなど乳製品を載せて焼くと相性いいと思います。

“伊予柑食パン”。断面図を撮影し忘れていて冷凍状態のものを撮影したので外側に硬くなった感じが見えます(汗)こちらももっちり生地で伊予柑ピールがとても爽やかに効いてます。ほのかに甘くてついつい食べ進めてしまいます。クリームチーズと合わせても美味しいと思います。

“マロン”。イタリア産マロングラッセがとても香り高く甘みもちょうどいい。そのままだともっちり生地を楽しみ、トーストすると黒糖の香りが増して甘さもはっきりするように感じます。

「ON THE DISH」さんのパンは、体にいいものにこだわり、余計なものをそぎ落としたシンプルな美味しさをどのパンにも感じました。
働いている方々も皆さんナチュラルな雰囲気で、時間の流れがここだけゆっくりに感じます。テラス左端にはイベントスペースがあり、作家ものの食器や雑貨などが展示販売されています。
ランチは金曜日の13時でも予約で満席でした。大人気ですね。前回伺った土曜日も満席だったので、どうしても食べたい方は事前に予約をお薦めします。


パン屋さんのご紹介

ON THE DISH(オン ザ ディッシュ)
神奈川県横浜市中区仲尾台40 MAP
電話番
045-622-1107
営業日
営業時間:12時~15時(金)、12時~16時(土)※HPご参照ください。
定休日:日曜~木曜
HP
http://on-the-dish.jugem.jp/
twitter(通販情報)
onthedishbreadで検索
その週の営業日時、販売するパンのメニュー及びパンの予約、喫茶(ランチ)の予約などの詳細は、HPに週の初めに更新されますのでご確認ください。

おすすめパン

食パン(cotton)(420円 外税)
伊予柑食パン(370円 外税)

一覧へ

この記事を書いた人

岩田聡子

岩田聡子 さん

パン屋さんめぐりは人と人を繋ぐ。転勤族&専業主婦の私でも気づけばパンを通じて友達の輪が!!旅行好きな主人と地方のパン屋もめぐってます。