パン屋さんを巡る旅メディア パンめぐ

facebook
instagram

いちおしパン屋さん

扉の向こうに畑が広がるパン屋さん「空と麦と」(恵比寿)

2018年02月26日

恵比寿や代官山からフラフラと散歩していると、ふと現れるお洒落なエントランスのパン屋さん。


店内に入ると小窓に飾られた小麦の束が目に入ります。


こちらは八ヶ岳南麓の自家農園の自然栽培小麦と国産の自然栽培小麦を使用したパンのお店です。


オーガニックドライフルーツやナッツ、自然海塩、天然水等、厳選した原材料を使用しているとのこと、可愛らしいのに地に足の付いたパンたちが並びます。
パンは「シニフィアン・シニフィエ」の志賀勝栄シェフがプロデュースしています。



・黒豆パン
お店のナンバー1はこちら。
かぼちゃを練り込んだ生地に、丹波極小黒豆がたっぷり。
しっとりして優しい甘さが上品な和菓子を彷彿とさせます。


・レモン豆乳クリームパン
コンニチハ!ってしているクリームがフルフルと美味しそうに誘います。
山梨の農場のオーガニック卵、有機豆乳、オーガニックシュガー、自然栽培レモンで作られたレモンクリームです。
すっきりとした甘さ、ぽってりとしたクリーム、モチっとしたパン生地。上等です!


・ゴルゴンゾーラ
ねじねじ生地にオーガニック胡桃がごろごろ、ゴルゴンゾーラがぶわーんと香ります。
サラダやスープを共にすればとても贅沢な一食になります。


・チョコ・ラムマスカット
ベルギー製チョコチップとラム酒漬けオーガニック・マスカットレーズン入りの大人なチョコパン。
香り高く心地よい苦味のチョコとジューシーなマスカットの甘みに癒されます。


・バゲットサンド「イノシシの甘酒漬け・ゆず風味」
クラストぱりぱりのバゲットに長野産のイノシシをサンド。
甘酒とお肉の脂の甘さに、柚子の香りとマスタードが効いています。
こちらでは、雉などのサンドも見かけます。
ジビエサンドはなかなか出会うことも少ないので希少ですね。


・フルーツサンド
この日はラ・フランスと林檎。
全粒粉のパン・ド・ミを使用、水分たっぷりのパンが厚めで存在感があります。
よく熟れたラ・フランスがとろけるようで、大きめカットの林檎のコンポートはシャキシャキ甘酸っぱく、共にシンプルながら芳醇なフルーツサンドです。



どの品物もとても丁寧に作られていることを感じました。
こちらのお店は恵比寿にありながら、八ヶ岳南麓を通して"自然"に繋がっている特別な場所です。


パン屋さんのご紹介

空と麦と
東京都渋谷区恵比寿西2-10-7 YKビル1階 MAP
電話番
03-6427-0158
営業日
営業時間:10:00~19:00 
定休日:日曜日・月曜日
HP:
http://www.soratomugito.com/

一覧へ

この記事を書いた人

前川 昌子

前川 昌子 さん

パンとベーグルがあれば、この世は天国。 幡ヶ谷・634BAGEL店主。 G.デザイナー~子育て主婦~事務&管理職~ベーグル屋←今ここ。 作るも食すも大好き過ぎるパンにベーグル、身体のほとんどが粉もので出来ている。 ちなみに実家は蕎麦屋。 634BAGEL H.P→http://634bagel.com/