パン屋さんを巡る旅メディア パンめぐ

facebook
instagram

いちおしパン屋さん

パンマニア要チェック!!名古屋で大人気の「バゲットラビット」が自由が丘にオープン❣️

2018年02月08日

名古屋に本店がある人気店「バゲットラビット」が2018年2月2日オシャレな街自由が丘にオープンしました。
場所は自由が丘駅より徒歩約6分、途中駅亀屋万年堂総本店を過ぎて斜め向いには「自由が丘ロール屋」があります。
店内はスタイリッシュで明るい雰囲気、バゲットが絵画のようにカッコよく並んでます。
オープンを記念して初日からの3日間各日先着100名様へ焼き菓子のプレゼントが配われました。

ハード系からお惣菜まで幅広いセレクト、本店の味を再現するべくオーナーも指導にあたり、常時80~100種類程度をラインナップする予定だそうです。

レジ近くに見える大きな石臼は静かに回りつづけ、この店では三重県産ニシノカオリを自家製粉してすぐ使うことで、味わい深いパンを提供してます。

店の裏では広い工房まであり数人のスタッフの姿がちらりと見えます。

バゲット作りの名手である古井戸和憲シェフの姿も自由が丘のお店でお見かけしました。
国産小麦のパイオニアである故・高橋幸夫さん(ブノワトン)から教えを受けた方です。

看板商品の「ブール」は、直径15センチほどの丸い形が特徴。
フランスパンみたいですけど、手で持ち上げるとふわっとした感触。
水分比率がほかのパンと比べ圧倒的に高いためかなりのモチモチしてしっとりした食感で、小麦の香りがほどよく広がります。

爽やかな味のオリーブオイルにつけたり、好きな具材を挟んでサンドしたらと楽しみ方もいろいろ試せるパンです。

ラム酒の効いたフレンチトーストは温めるとさらに美味しい。

こんがり焼けたクロワッサン。
お値段180円は私の中ではリーズナブルな価格。

外はパリパリと音が聞こえる程、食べる時にはポロポロ落ちますがそれがまた楽しい。
何層にもかさなる綺麗な断面、バターの甘味もしっかりとしてます。

最後に店名の付いた『バゲットラビット』。
クラストはパリッと薄く、クラムはしっとりして、塩は控えめ、軽めなので食事パンとして毎日食べても飽きないパンです。

残念ながらイートインはありませんがお店の外にベンチがひとつあります。
店内で販売してる100円の珈琲とお邪魔した時は焼き上がりのカレーパンと一緒に頂きました。

追加情報。
自由ヶ丘から奥沢にあるイッタコーヒーへ私はてくてく歩いて行きます。
理由は❓
こちらの店内では珈琲を注文すれば持ち込んだパンが頂けます。
バレンタインの限定ブレンドが販売中。
ブレンドのコンセプトはチョコレートとのマッチングの良さで、しっかりしたコクとキレのいい苦味に、華やかさを加えた、飲みごたえのあるブレンドです。
ラビットのクロワッサンと美味しくおやつタイムでした。

ITTA COFFEE okusawa
東京都世田谷区奥沢3-31-10


パン屋さんのご紹介

baguette rabbit 自由ヶ丘
東京都目黒区自由が丘1-16-14 プルメリア自由が丘 1F MAP
電話番
03-6421-1208
営業日
9:00~19:00

定休日 毎週火曜日、水曜日


ホームページ
baguette-rabbit.com
フェイスブックページ
https://www.facebook.com/baguetterabbit/
名古屋の本店
バゲット ラビット(baguette rabbit)
名古屋市名東区社口1丁目916
TEL.052-779-0006
営業時間 9:00-19:00
定休日 毎週火・水曜日

おすすめパン

オレンジのブリオッシュ
オレンジピールが入った柔らかい生地にオレンジの風味がやさしい味わい。
おやつに食べたくなるパンです。

一覧へ

この記事を書いた人

大谷りえ子

大谷りえ子 さん

三食、パンでも困らないくらいパン好き。 13年間の海外生活から見えた日本のパンの美味しいに気づき、パン屋さんを巡ってます。 この感動を皆さんに伝えたくFBページ「ハード系パンの食べ比べ」でほぼ毎日更新!BLOG→http://ameblo.jp/rie-092760