パン屋さんを巡る旅メディア パンめぐ

facebook
instagram

いちおしパン屋さん

2018年3月・吉祥寺に日本初上陸!その前に「Liberte(リベルテ)」のパリ店レポートをアップ!

2017年12月18日

2018年3月24日、吉祥寺にパリで人気のパン屋さんがオープンします。名前は「Liberte(リベルテ)」、パリの1号店は10区のメトロ「ジャック・ボンセルジャン駅」近くで、あの「デジデ」も近くです。
2号店はやや郊外で、20区のメニルモンタン通りにあり、近くにポーリッシュ法のバゲットで有名なあの「フルート・ガナ」があります。

日本店オープンに先立ち、パリのお店をレポートします。
 オーナーパティシエのブノワ・カステルさんは、フレンチの2つ星「エレーヌ・ダローズ(池尻大橋のリアン・上原シェフが修業された高級店)」のシェフパティシエ、ボンマルシェ、ジョセフィーヌ・ベーカリーなど錚々たる経歴を経てリベルテをオープンしました。

さて、1号店のパンはセレアルやコンプレなどのハード系がやや無造作な感じで陳列されています。お店の外まで行列していて、人気振りが伺えます。
画像真ん中あたりに見える黒っぽいパンが、人気の「Le Baltique(ル・バルティック)」で、北ヨーロッパ風の黒パンです。ほかにパン・ド・コワンという燻製塩を入れたパンも人気です。

パティシエがオーナーのお店らしく、見事なフォルムのプチ・ガトーが置かれています。
右の白いケーキが看板商品の「タルト・ア・ラ・クレーム」でタルト生地の上にカスタードクリーム、その上にバニラ風味のクリームが載っている力作です。

1号店ではハード系を2種類購入、私の好みの大きくてハード、シンプルなパンでした。すぐに2号店にい向かいます。

2号店はイートインが併設されています。やや不便な場所ですが、こちらも客足が絶えません。

イートインスペースの奥に薪窯が見えます。1号店、2号店共にパンは薪窯で焼かれているのです。
 こうして設備や作り手の様子を見せるのもリベルテ流。

チーズケーク・オ・フリュイ(フルーツのチーズケーキ)をイートインしました。フルーツとチーズケーキの組み合わせは珍しいですね、美味しくいただきました。

ヴィエノワズリ系です。正面はショソン・オ・ポム、右がクロワッサン・ショコラ。

以上リベルテのパリ店のレポートでした。
日本のオープンが待ち遠しいですね。


パン屋さんのご紹介

Liberte(リベルテ)=1号店
39 Rue des Vinaigriers 75010 Paris MAP
電話番
01 42 05 51 76
営業日
07:30~20:00
月休
Liberte Patisserie Boulangerie
https://libertepatisserieboulangerie.com/

一覧へ

この記事を書いた人

岡田亮

岡田亮 さん

本業は会社員。休日は北海道から石垣島まで日本全国パンを求めて彷徨う旅人。海外はパリを重点に エッフェル塔も凱旋門も見ずにパン屋とスイーツとビストロ巡り。お米は年に数回しか食べない変な日本人です。