パン屋さんを巡る旅メディア パンめぐ

facebook
instagram

いちおしパン屋さん

幅広い品ぞろえで朝からゆっくり過ごせるイートインのある「トラスパレンテ都立大学店」

2017年07月05日

パン好きな友人から「パン屋巡りに連れて行って下さい♪」と連絡をもらったので、今回は東急東横線の都立大学駅近辺のパン屋をまわります。
まずは駅から一番近い「トラスパレンテ」さんへ。
1か所しかない改札を出て横断歩道を渡った目の前に東急ストアがありますが、その左手の線路沿いの細い道に入るとすぐ左手に、テラス席のあるおしゃれな外観が見えます。徒歩1~2分と近いのも暑い時期には助かります。

店内はこのような広めなスペースの他に1~2人用のテーブル席もいくつかあります。この日はテラス席で召し上がっている方も。

店内は食パン、惣菜パン、お菓子パン、冷蔵ケースにはサンド系もあり、早めのランチのためにお腹を空かせていた私達は迷いに迷って何度もうろうろ(笑)フォカッチャは12時頃焼き立てが出ました。私の一番好きなクロックムッシュは残念ながら11時到着時点ですでに完売してました(涙)

一口サイズのデニッシュ、“ガッティ”はなんと100円!惣菜系を食べたあとに必ず少しだけ甘いものが欲しくなるので、このサイズはめちゃめちゃ嬉しいです。

今月の『パンめぐ』の特集が“クロワッサン”だったので私も買ってみました♪いつもなら迷う商品選びも、課題?お題?があると「よし、今回はこれを食べ比べてみよう!」と思えるのでいいですね。次回はなんの特集かなあ。

こちら、一番人気の“コンミエーレ”(240円)。初めて見たときは、あまりの長さに驚きました。細く長いフランスパンにセージバターを塗って焼き、蜂蜜と砂糖をかなり多くかけてあります。しっかり甘いのでブラックコーヒーなどと一緒にいただくのがお薦めです。

トレイに食べたいものを載せてお会計を済ませ、席で待っていると、食べやすいようにカットして温めてくださったパンが来ました!
友人の注文した“えびとアスパラのタルティーヌ、グリーンマスタードソース(460円)、“コンミエーレ”、“ガッティ”。食べきれなくてもお願いすると持ち帰れるよう袋に入れてくれますのでご安心を♪

私は白いふんわり丸パン”ナチュラーレ”を使用したパストラミビーフサンドに決定。ふわもちのパン生地はお子さんも大好きでしょうね。具材の量がたっぷり!
“ガッティ”はダークチェリーにしましたが、このサイズのパンに大粒のダークチェリーが2つも入っていてすごくジューシー。小さくても満足感あります。

“コンミエーレ”は店員さんにお願いすると持ち帰りやすいようにカットしてくれます。

一目ぼれした“グラノ”210円。枝豆、チーズ、ベーコンがこれでもか!というくらいに溢れてきていてクラストはしっかり、クラムはもっちりの生地も美味しかったです。

”クロワッサン”200円。発酵バターをふんだんに使用しているだけあって、バターがじゅわーっとしみだします。甘さと塩分はどちらも強くないので食べやすいですね。

トラスパレンテさんのパンは、あらゆるタイプのパン好きさんにお気に入りを見つけてもらえるのではないかなと思う品揃えです。クロックムッシュ食べに今度は早い時間に行ってみます♪


パン屋さんのご紹介

おすすめパン

“ガッティ”100円。味はオレンジ、洋なし、アプリコット、ダークチェリーの4種類あります。
“グラノ”210円。枝豆、チーズ、ベーコンたっぷりです。

一覧へ

この記事を書いた人

岩田聡子

岩田聡子 さん

パン屋さんめぐりは人と人を繋ぐ。転勤族&専業主婦の私でも気づけばパンを通じて友達の輪が!!旅行好きな主人と地方のパン屋もめぐってます。