具材はみ出すコッペサンドとスープ。店主の愛らしい人柄に客が集まる、玉川学園前「ニコ キッチン」


毎週水曜と土曜のみ営業の行列店

今回ご紹介するのは、スープとコッペサンドの店「nico kitchen ニコキッチン」 さん。「ギャラリーWEARME」さんを週2日お借りしているそうです。

玉川学園前に住む妹から「いつも行列の出来ているお店があるんだけど一緒に行かない?」と誘われ、初訪問しました。

小田急線「玉川学園前」駅北口から左手にまっすぐ進んだ徒歩5分ほどの場所に突如行列が!

お店は2019年2月にオープン。インスタやクチコミだけで人気の出たこちらは、女性一人で製造から販売、イートインまでこなしていらっしゃいます。

「11時の開店前から並んでいるんだよ」と聞いていたので、11時にお店に着くとすでに10人目!1組ずつの入店です。11時20分で、まだ全種類並んでいたのですが、12時前までは行列が絶えず、小ぶりなパンなのでまとめ買いする方も。水曜日でしたが12時半には完売してました!!土曜日はもっと行列ができるそうです。
※妹が翌週訪れた際は12時15分頃の訪問で、残り数個しかなかったそうなので、確実に食べてみたい方は予約をお勧めします。

コッペサンドは惣菜系5種類、スイーツ系5種類の定番に加え、前日にインスタで発表されるスペシャルが各1種類の計12種類です。
イートインもでき、ランチセットは好きなコッペサンド2種を選び、本日のスープ、そしてドリンクメニューから好きなものを選んで税込み1,000円♪

わー、と歓声をあげたくなるモリモリの美味しそうな顔つきのサンド達♪どれも一つ250円です。えっ?こんなにボリュームあるのに、この値段でいいのかしら?と思ってしまうほどのボリューミー!

じーっと眺めていて目を引いたのが「みたらし団子サンド」!!写真を拡大する(写真右下部分です)とわかりますが、団子三兄弟のようにまんまるなお団子が顔を覗かせている姿が愛らしい(*^-^*) 今回は予約してイートインしたので買わなかったのですが、次回は絶対に買います!

左手のレジ横には「本日のスペシャル」が並びます。
商品札をよく見ると、「焼いてな」「採算合わんやろ」「間違いないやろ」など、一口突っ込み(?)のような説明が書いてあるのもくすっと笑えて好きです(^-^)。

コッペパンサンドが並ぶ姿を見るだけでもテンションが上がるのに、スープも人気で、サンドより先に完売するのです。気になる方は見つけたら手に取るべし!!

購入したパンはこちら

イートインする旨と、食べたいサンドを事前に予約(InstagramのDMからサンドの予約等できます)しておいたので、妹と店内で待ち合わせしてランチスタート♪

本日のスープは「栗かぼちゃのポタージュ」でした。
玉ねぎなど野菜の水分のみで作られていて栗かぼちゃと玉ねぎの甘み、しめじも入って飲むというより食べるスープ。うま〜い。

一番人気「エビアボカド」
ぷりぷりエビにアボカド、タマゴやフライドオニオンなどぎっしりでヘルシー。

本日スペシャル「アールグレイカスタードピーチ」
カスタードクリームとアールグレイクリームに桃缶ピーチをサンドしていて、懐かしさと新しさが共存♪

本日スペシャル「ジェノベーゼポテトチーズ」
焼いてから食べてくださいと持ち帰りの人にもアナウンスしていて、店内では焼いて提供してくれました。「きゃー、ちょっと焼きすぎちゃいました(汗)」と忙しくパタパタ動き回る店主さんが可愛らしいのです(*^-^*)

トーストするとパンがサックリとした食感になり、挟んであるチーズがとてもモッチモチでのび〜る。バジル味のマッシュポテトが香りよくてとても美味しい。

断面を見ると、ぎっしり詰まっているのがわかります。これで250円は本当に安すぎます…!

「栗あんばたー」
これも焼くのがオススメだそうで「これはベストな焼き上がりにできました!」と、店主さんがニコニコ笑顔で運んできてくださって。もう可愛すぎます(*^-^*) 甘栗の後ろにカスタードクリーム少しと餡子。バターが徐々に溶けてきてたまりません。

主人と食べようと持ち帰った「生ハムクリームチーズ」
生ハムの塩気でたっぷりの野菜が美味しく食べられ、クリームチーズの滑らかな舌触りとコクがプラスされて、今回食べた中では一番好みでした♪

ドリンクをホットコーヒーにしたのですが、器がとても凝っていました。作家ものでしょうか。ちょこっと一口お菓子を置けるようになっているのがいいなあ。ギャラリーの一角をお借りしているから、こういう器も使えるのだと思います。

店内にはその時の展示のイラストやアート作品、ギャラリーオーナーでジュエリーデザイナーであるオーナーさんのさりげなくキラリと光るセンスある作品も並ぶので、それを眺めながらゆっくりできるイートイン、おススメです。

お店の成り立ちについて伺いました

「ニコキッチン」さんはオープン当初、同じ飲食店で働いていたご友人と「好きなことをやりたい!」と3人で、週一日の営業でスタートしたそうです。それぞれ得意分野があり、店主さんは調理専門。何軒もの飲食店で腕を磨いていらっしゃるので、コッペサンドの具材の組み合わせも多岐に渡るし、しっかりとした具材のスープを食べてみてもこだわりが感じられます。

しかし、開店当初は近隣のお店に営業をかけてもお客様が来ず、何をやってもうまくいかなかったそうです。
そのうち、友人たちはそれぞれ事情があって別の道に進むことになり、店主さん一人になったときに「このままやめてしまうのは悔しい!自分一人でも行列ができるお店にしてみせる!!」と奮起し、とことん自分がやりやすいよう、商品内容や価格から考え直し、再スタート。

一人で営業するようになって3ヶ月ほど経つと、徐々にお客様が増え始め、今では横浜など遠方から通ってくださる方もいらっしゃるほどの行列店に。

「応援してくれる地元の方々のためにも頑張って長く愛されるお店にしていきたい」と話してくださった店主さんの今の目標は「ニコキッチンと言えばこれ!という目玉商品が作りたい!このパン面白い!と驚きや楽しさを味わってもらいたい」と語ってくださいました。「質問されるの苦手なんです(汗)」とおっしゃりながらお話してくだり、そのお姿から店主さんの愛がしっかり伝わってきました…!

地元のお客様や近隣から通われる常連のお客様から愛されているのは、イートインしている間に聞こえてくる会話や、Instagramのやり取りなどを拝見していてもわかります。

また会いたくなる……そんな店主さんに、わたしもすっかりファンになってしまいました(*^-^*)

 


パン屋さんのご紹介

nico kitchen(ニコキッチン)
東京都町田市玉川学園1-22-14(ギャラリーウェアミーさんの一角をお借りしています) MAP
電話番
042-729-0079(ギャラリーの電話と共通)
営業日
営業時間:11時~15時
定休日:月曜・火曜・木曜・金曜・日曜
Instagram
https://www.instagram.com/coppe_25kitchen/?hl=ja
コッペサンドの予約はInstagramのDMよりお願いします。SNSお使いでない方はお電話も可。
営業日前日にInstagramで翌日のスペシャルメニュー2種を発表するので、ご所望の方はDMをお願いします。
大量にコッペサンドご希望の際は、3日前までにご連絡ください。

おすすめパン

栗あんばたー
生ハムクリームチーズ

一覧へ

この記事を書いた人

岩田聡子

岩田聡子 さん

パン屋さんめぐりは人と人を繋ぐ。転勤族&専業主婦の私でも気づけばパンを通じて友達の輪が!!旅行好きな主人と地方のパン屋もめぐってます。