福留 瞬(Candy Boy)の『美味しいパン旅』~幸せになれるパン屋さん~#6 『パン・オ・スリール』


渋谷駅20a出口を出て、徒歩5分の場所にある『パン・オ・スリール』
焼き立てをそのまま食べられるカフェや、ギャラリー・イベントスペースなどがあり、お伺いした時は素敵な絵がたくさん飾られていました♪

ではパンのご紹介に参りましょう!

☆フィグ

赤ワインでコンポートしたイチジクと、クルミ、レーズンが入ったハードパンです。

個人的にイチジクがたまらなく好きなので、目に入った瞬間…『これだ!!』と、惹かれるように選びました。(笑)
ブドウ酵母が使われている事もあり、果物との相性もよく、程よい硬さなのです。イチジクのぷちぷちした食感も味わえつつ、フルーツのほのかな甘さを感じられて魅力的な一品です!『選んでよかった…』と、ホッとひと息ついていただきたいですね。

 

☆練りごまアンパン

こちらは黒ゴマを練り込んだこしあんを、フランスパン生地で包み込んだあんパンです。

僕は、あんパンやあんドーナツをしょっちゅう食べるのですが、来店前に事前にチェックした時、この商品を見て…

『こんなにたくさんの黒ゴマとあんパンがひとつに?!』

と、気になっていたんです。
だって奥さん!そんな、あんパン滅多にないでしょう?!しかも、フランスパン生地で包み込んでいるんですよ??!あ、すみません、テンションが上がり過ぎてしまいました。(笑)

表面にも黒ゴマがたっぷりまぶしてあり、ゴマの風味とこしあんがマッチして、口の中にしっとりとした甘さと香ばしさが残ります。また、フランスパンの生地とあんこの相性がすごくいいので、是非皆様にお召し上がりいただきたいです。

 

☆バゲット

そして、最後にご紹介するのは『パン・オ・スリール』人気No.1のバゲットです!

なんといってもパン・オ・スリールのこだわりは、『北海道産小麦と白神こだま酵母の天然酵母』という原材料。

そして、それぞれの製法にあります!こちらのバゲットは、少量の酵母で一晩じっくりと低温で発酵させているそうです。そうする事で、小麦の芯までゆっくり吸水し、水分が逃げにくくなります。つまり長時間寝かすことによって、より一層しっとりするんです。また、小麦に水を加えると、酵素の働きによってデンプンを糖に分解します。そうすると生地の中に甘みが増え、味わい深いパンに仕上がります!

材料だけでなく、こういったところにもこだわっているからこそ、人気No.1なのでしょうね♪

店内には他にも、木でできた器やスプーン、フルーツジャムなども置いてあります。

店内を見て回って、美味しいパンを食べてと色々な楽しみ方のできる、まさに幸せ溢れるパン屋さんです。

皆様もぜひ、足を運んでみてください!


この記事に関連するキーワード

パン屋さんのご紹介

パン・オ・スリール
東京都渋谷区渋谷1-4-6 MAP
電話番
03-3406-3636
営業日
営業日時
8:00~19:00(パンがなくなり次第終了)

定休日
毎週日曜、月曜日
HP
http://pain-au-sourire.jp/

一覧へ

この記事を書いた人

福留 瞬

福留 瞬 さん

トータルエンターテインメント集団「Candy Boy」のメンバー。 パンを食べること、パン屋さん巡りが大好き。最近は自分でパン作りも。 パンシェルジュ資格を取得し、Instagramでもパン情報を発信中。 ■Candy Boy 公式サイト https://candy-boy.jp/ ■福留 瞬 Instagram https://www.instagram.com/shun_fukudome_candyboy/?hl=ja