デニッシュ専門店、代官山「Laekker(レカー)」の繊細&素材により食感を変えた層に驚く


Instagramのフォロワーさんがほぼ毎日美味しそうなデニッシュをあげていたので、ずっと気になっていたデニッシュ専門店「レカー」さん。

東急東横線「代官山」駅から代官山アドレス方向へ少し下り、ドラマ「やまとなでしこ」で見た方もいるであろう写真の場所を正面に見たら左方向へ坂を上がります。
八幡通りの「代官山駅入口」交差点にぶつかったら右折。3~4分進んだ右手にレーズンウイッチで有名な「小川軒」があるのでそこを越えた2本目の小道を入ると「レカー」さんがあります。トータルで7分ほどです。

私は渋谷駅から歩いて少し迷子になったのですが(汗)、JR渋谷駅新南口からは10分ほどなので便利ですね。


マンションの1階、少し下がった場所にひっそりと佇んでいながら、お客様は店内にも外にもいらっしゃる人気店です。

このアイアンの飾りが可愛かったので撮影したものの、お隣が工事中で上手く写せなかったのが無念(涙)。

2019年10月にオープン


北海道産小麦粉、北海道産バターを贅沢に使用。マーガリン・ショートニング等不使用で、国産素材の美味しさを伝えてくださいます。

こぢんまりとした店内は、本当にデニッシュ一色!!事前にInstagramのDMから予約していたので、受け取って帰るだけにしようと思っていたのですが、「本日のデニッシュ」「季節のフルーツデニッシュ」など目を引くものばかりで、つい追加で頼んでしまいました。

・本日のデニッシュ

“クロッカン”は今回我慢したけれどフォロワーさんおススメなので次回買います!

本日のデニッシュに何が使われているかは、詳しく教えてくださいます。お店を訪れた方々の感想どおり、小出シェフはとても懇切丁寧な接客。お人柄にも魅了されてリピートする方が多いのだと思います。

4種類のパンを購入


購入したのはこの4つ。
デニッシュ4つだなんて油分多くて食べきれないのでは?と思った貴方!そんな心配は無用です!惣菜系2つ、甘い系2つにしましたが、どちらも驚くほど軽やか。
在宅している主人と半分こしたのですが、美味しすぎて半分以上私が食べていたことは内緒です(笑)。

・グリーンオリーブ黒胡椒


定番商品のようです。手に取ると「軽い!」
繊細な層に歯を立てると、細かくサクサクサクと小気味いい音。グリーンオリーブは薄切りなのに、とてもハッキリと香ります。ベシャメルソースはとろり。黒胡椒がピリッとするのにデニッシュ生地と食べると辛さがマイルドになる…。持っても食べても軽やかで、これはリピ決定です!

 

・杉谷唐辛子のデニッシュ


訪問したのは9月14日でしたが、そこから1ヶ月程度の期間、滋賀県産の野菜やフルーツをメインに使用したフェアが開催中でした。「生で食べることができて、辛くないんですよ」と言われたら食べてみたくなっちゃいました。チーズの塩気、唐辛子特有の香り(辛さや苦みなどなく、皮がやわらかい)。こちらもサクサクサクという軽い食感、歯で噛むというより歯が入るだけという説明で伝わるでしょうか。やばいです!事件です!こんなデニッシュは初めて食べました!!

あまりに衝撃だったのでシェフに秘密をお伺いしたところ、夏場は食欲が落ちると思い、層を増やして軽い食感に仕上げるそうです。季節によって食材を変えるだけでなく、生地の折りや焼きこみを変える繊細なお仕事に、一度でファンになってしまいました。

・ヴァームデニッシュ


定番商品のようです。有機バニラのカスタードクリームを注文を受けてから詰めて渡してくださいます。このカスタードクリームがとろっとろで滑らかで、体の力がふにゃっと抜けて一緒にとろけてしまいそう~。デニッシュ生地は惣菜系よりパリパリとしっかりしていますね。

・オレンジキャラメル


国産ヴァランシアオレンジ使用。スキッとした爽やかな酸味と濃い甘みのオレンジで、単体でもものすごく美味しい。季節のフルーツデニッシュなのでお店で見かけたら食べてみてほしいです!
生地が惣菜系よりバターの香り高く、パリッと香ばしい。シェフに「デニッシュ生地がそれぞれ違うのでは?」とお聞きしたところ、クリーム、フルーツの瑞々しさとのコントラストを出すためにより焼き込んでいます、とのこと。

お店では小出貴大シェフがお一人で製造から販売までなさっているので、のちほどDMで少しお話を聞かせていただきました。

小出シェフはパティシエ時代からデニッシュやヴィエノワズリーがお好きだったそうです。私もパティスリーのヴィエノワズリーがとても好きで、パン屋さんではないけれど、パンめぐでも取り上げるほど。そんな私が初めて出会った衝撃のデニッシュ専門店「レカー」さん、超おススメです!!

————————————————————————————————
【ご予約、お取り置きについて】
前日までにInstagram、またはLINE公式アカウントLaekkerより連絡をとります。
一つから注文可能です。

※予約時間に合わせて出来る限り、できたて・焼き立てをご用意いたします、とあるので是非早めに召し上がってみてください。
※私は常連さんから「予約必須です!」と聞いていたので、予約して訪問しました。午後訪問になる方で、どうしてもこれが食べたいという場合は予約をお勧めします。


この記事に関連するキーワード

パン屋さんのご紹介

Laekker(レカー)
東京都渋谷区代官山町9-7 サンビューハイツ代官山1F MAP
営業日
営業時間:10時~18時(売り切れ次第閉店)
定休日:火曜・水曜
Instagram
https://www.instagram.com/laekker_daikanyama/

おすすめパン

グリーンオリーブ黒胡椒
オレンジキャラメル
※季節のフルーツを使用されるのでシェフおススメのものに随時変わります。

一覧へ

この記事を書いた人

岩田聡子

岩田聡子 さん

パン屋さんめぐりは人と人を繋ぐ。転勤族&専業主婦の私でも気づけばパンを通じて友達の輪が!!旅行好きな主人と地方のパン屋もめぐってます。