名物「北海道食パン」は午前中がねらい目。「ブーランジェリー・パンタレイ(清澄白河)」


元パティシエが開いたパン屋「「ブーランジェリー・パンタレイ」

清澄白河駅近く、深川江戸資料館の前に2017年にオープンした「ブーランジェリー・パンタレイ」。伊丹シェフは南仏で修業されている元パティシエのブーランジェです。トロワグロなど有名店をご経験されています。

 

1番人気の「北海道食パン」

1番人気の「北海道食パン」は売切れ必至の人気商品。北海道産小麦「ゆめきらり」に、同じく道産の牛乳とバターが加えられ、高加水のモチモチ食パンに仕上げられています。

小麦のいい香りを味わうにはそのままが一番ですが、トーストしてもカリッとして絶品です。

人気の「北海道食パン」お一人様一本まで!

シェフのセンスが生かされたパンたち

バゲットもいい焼き色で、クラムはもちもち感たっぷり。香り立つバゲットです。

バゲットの香りがたまらない

迫力のある「プラッリネ・ショコラ」。大きなパイ生地の上に、プラリネとチョコが載った甘~いパン。元パティシエのセンスが生かされた、芸術的なパン。

チョコチップもたっぷり「プラッリネ・ショコラ」

正面のカウンターは上の段がスイーツ系のデニッシュ、ブリオシュなどのパンで、下の段がチーズを使ったヴァリエーション。

 

購入したパンはこちら。

左から時計回りに「クロワッサン」「プラリネショコラ」「バゲット」ほかに「北海道食パン」

午前中早い時間訪問して、色々選びたいものです。そして購入したパンと、清澄白河のコーヒー屋さんを巡って好みのコーヒーを合わせるのも楽しいですね。

 


この記事に関連するキーワード

パン屋さんのご紹介

ブーランジェリー・パンタレイ
東京都江東区三好1丁目6-7 MAP
営業日
<営業時間>10:30~15:00
<定休日>月・火・金
※臨時休業などはfacebookを確認
ホームページ
https://www.facebook.com/boulangerie.pantarhei/

一覧へ

この記事を書いた人

岡田 亮

岡田 亮 さん

本業は会社員。休日は北海道から石垣島まで日本全国パンを求めて彷徨う旅人。海外はパリを重点に エッフェル塔も凱旋門も見ずにパン屋とスイーツとビストロ巡り。お米は年に数回しか食べない変な日本人です。