チョコが溶け出すショコラオレンジが絶品!高田馬場駅近くの路地裏にある「パンの店 ラ・ブランシェ」


高田馬場に通っていた数年前、駅近くには美味しいパン屋さんがないなあとずっと思っていましたが、先月、インスタグラムのフォロワーさんがとても美味しそうなパンの断面をアップされ、場所が高田馬場と書いていらしたので「これは行って確認しないと!」と早々に訪問。

JR高田馬場駅・早稲田口改札を出て早稲田通りを西早稲田方面へ。ロータリーを越えて一つ目の道を左折して神田川のほうへ進み、二つ目の道を右折して正面にあるビルの1階が目指す「ラ・ブランシェ」さんです。駅から歩いて4、5分のところにあったなんて!しかもオープンは2009年10月、まもなく10周年を迎えられます。

明るい店内の正面にはパンが10数種類程度でしょうか、並んでいてお店の方に取っていただくスタイルです。

この日は食パンが2種類あり、ホシノ天然酵母を使用した全粒粉入りのものが気になりましたがお目当てのパンが決まっていたので次回買うことにします。他にもブールやあん食パンなど朝ご飯に食べたくなるパンがショーケース右手に並んでいました。

ライ麦を使用したパンもありとても好みな顔つきです。

実物は見られませんでしたがサンドイッチもあります。お昼時には近くの専門学校の学生さんや働く人たちに人気でしょうね。

バター不使用のバナナブレッド。見た目からしっとりしているのがわかります。
店主の山本さんは「一般的なパンを食べた感想が『パンって美味しいけどふわふわしてなにか物足りない。もう少し食べたくなるんだよね』と特に男性からのそういう話を耳にしていたので、私の作るパンは小麦粉の量を多くして1つ食べただけで満足感のあるものにしたかったんです。また、食べた後に油脂が多くて胃腸にもたれたりしないよう、バター少なめ、米油を使うなど体に負担のないパン作りを心がけています」と教えてくださいました。毎日パンを食べている身としては嬉しいお話です。

店内左手にあった“エンジェルシフォン”。お値段550円とお手頃でちょっとした手土産にも使えそうだし、お子さんのおやつにもいいですよね。

インスタグラムのフォロワーさんが食べていたのがこちらの“ショコラオレンジ”。ココア生地にソフト食感の刻んだオレンジピールとビターチョコがたっぷり。焼かずにそのままかぶりつくとしっとりクラムでチョコの塊をがっつり楽しめます。焼くとチョコがとろりと溶け出して唇やけどしました(がっつき過ぎ(笑))が、我慢できないほどいい香りでクラストがサックサクで小気味いい音を奏でます。チョコとオレンジの組合せ、最高です。

“チーズフランス”。つるっとまあるいフォルムのパンの端からちろっと出ているチーズが、豚さんのしっぽみたいでラブリー。中にもチーズたっぷり。もっちり生地はトーストするとクラストはパリッとして中のチーズがとろり。粒の黒胡椒をガリガリ挽いてパンにかけたらピリリとしたアクセントが加わり大人の味に変身。これ、ハマりました!
駅から近い裏通りにこんなに丁寧に作られた美味しいパンが売られているとは知りませんでした。
店主の山本さんは、元々、パン教室と料理教室を中心にやっていらっしゃっていて、パン屋として開業された現在も月1回程度開催しているそうです。 2名から6名までで、パンのみでもパンと料理の組み合わせでも対応した講座を開いて下さるそうなので、食べて気に入ったパンの作り方などを教えてもらえるかもしれません♪お教室開催日はお店のfacebookでご確認ください。


この記事に関連するキーワード

パン屋さんのご紹介

おすすめパン

ショコラオレンジ(360円)税込
チーズフランス(360円)税込

一覧へ

この記事を書いた人

岩田聡子

岩田聡子 さん

パン屋さんめぐりは人と人を繋ぐ。転勤族&専業主婦の私でも気づけばパンを通じて友達の輪が!!旅行好きな主人と地方のパン屋もめぐってます。