パン屋さんを巡る旅メディア パンめぐ

facebook
instagram

いちおしパン屋さん

鎌倉の潮風を感じながらゆっくりと過ごせるお店。パンの魅力も存分に味わえる「リュミーエル・ドゥ・ベー」

2018年06月06日

めぐりストさん達との鎌倉パン屋巡り7軒目。
江ノ電の由比ヶ浜駅から海に向かって歩いていくこと4、5分。海沿い134号線にぶつかる少し手前右手に、白い板壁と青い看板が素敵なお店が現れます。
「リュミエール・ドゥ・ベー」さんです。
味のあるチャップリンの人形とベンチが絵になるので撮影だけしていくお客様がいるそうなのですが、皆さん、ぜひお店の中も覗いて美味しいパンに出会ってください。外観だけなんてもったいないです。

食事パンが数種類あってすごく迷います。ドライフルーツやナッツを使ったもの、惣菜パンから菓子パンまでどのパンも表情がよくてここから少数精鋭で選ばなければいけないのが辛い(すでに7軒目なので勢いで買うわけにも行かず…)

このバゲット、クープの入り方や焼き色が芸術品!見惚れてしまいます。

安全安心なものを召し上がって欲しい、と材料は出来るだけオーガニック・国産の物を使用し添加物不使用。パンはもちろんのこと店内にはこだわりの野菜や、お店で使っている小麦たちがビンに入って数種類並べられています(写真撮ればよかった~)。
他にも私も飲んだことのあるオーガニックのドリップコーヒーやスーパーフードと言われる沖縄産モリンガなどもあり、健康にいいものが揃っています。

悩みに悩んで“パン・ロワイヤル”に決定。バター、マスカルポーネチーズを使用したリッチなタイプのようです。

ものすごくやわらかいため持ち帰る間や家で保存している間にもパン自身の重みでふにゃっと潰れていってしまいます。水分量がとても多くしっとりむっちりして、ジューシーと表現してもおかしくないほど。天然酵母の味でしょうか、軽い酸味を最初に感じたあとから甘みが追ってきます。噛むとふわっ、口の中でしゅわっと溶けていく食感は病み付きになり、1枚では止まらず2枚目へ突入!ハーフサイズではなく1本で買えばよかったと後悔(涙)。次も必ず買います!

もう一つはバゲット・リュミエールを使った“キャラメル・ショコラ”。クラストがパリッとして小麦の香り。少し酸味を感じるむぎゅっと噛み応えのあるバゲット。そこに自家製塩キャラメルコンフィチュールとフランス産オーガニックチョコ3本をサンド。キャラメルのほろ苦さ&香ばしさと酸味のあるビターチョコとバゲット生地の組み合わせは、大人の好む深みのある味わい。

数年前に妹がリュミエール・ドゥ・ベーさんのパンを買ってきてくれて美味しかった記憶があったので、今回お店に伺いその美味しさを改めて感じ大満足でした。今度は一番にこちらに伺ってたくさんの種類を買って帰ります。


パン屋さんのご紹介

リュミエール・ドゥ・ベー
神奈川県鎌倉市長谷2ー7ー11 1F MAP
電話番
0467-81-3672
営業日
営業時間:11時~18時
定休日:日曜・月曜
facebook
https://www.facebook.com/Lumiere.du.b/

おすすめパン

パン・ロワイヤル(260円)
キャラメル・ショコラ(240円)

一覧へ

この記事を書いた人

岩田聡子

岩田聡子 さん

パン屋さんめぐりは人と人を繋ぐ。転勤族&専業主婦の私でも気づけばパンを通じて友達の輪が!!旅行好きな主人と地方のパン屋もめぐってます。