パン屋さんを巡る旅メディア パンめぐ

facebook
instagram

いちおしパン屋さん

住宅街にひっそりと建つパン工場「モン シェール」は年中無休24時間営業❗️

2018年03月02日

なんとも不思議なパン屋さんというかパン工場がある場所は、東陽町駅 1番口を出て5分ほど歩く住宅街のなかあります。
目印は「モン シェール」と書かれた看板が目につくのでわかりやすい。
なんでもこの工場では24時間パンを販売しているお店。
残念ながら夜中に訪問したことがないのでお昼間の情報です。
なんと私が最初に訪問したのは2009年でした。
これはその時の写真です。

こちらは2018年2月27日に訪問。
「モンシェール」が舞台の『ドキュメント72時間「24時間営業のパン屋」』がNHK総合で1月19日(金)放送されました。バターと生クリームをふんだんに使った「デニッシュ食パン」は、1日1000本以上を売りあげるという凄さ。
おいしいパンの行方を探る3日間のドキュメンタリーでした。

『ドキュメント72時間』は、特定の場所にカメラを据え、そこを訪れる人々の模様を72時間(3日間)に渡って定点観測するというドキュメンタリー番組です。
夜勤が終わって来るかた、タクシーの運転手さんなど様々な人間模様が感じられ印象深い番組。

私が訪問した14時過ぎは、私のようにテレビを見て来たお客様、そしていつもの常連さん、近くの工場か会社員など様々な方が買いに来ていました。
いつも行くパン屋さんと客層が違い、なんかユーモアありで楽しい場所です。

以前は予約できたり夜遅く訪問してもすぐに買えましたが、現在予約は受け付けてません。
1日800本焼き上げ、午前10時半と午後14時頃に並ぶと買えます。
お一人様2本まで。(2018年2月27日現在の情報)
やはり全国放送の影響力があり全国各地から注文が殺到❗️

*パンの特徴
とにかく手に持つとずっしり重量感あります。
まずはそのまま食べてみると、クロワッサンに限りなく近いような食感。
サックリしていてほんのり甘いシンプルな味わい、バターと生クリームをたっぷり使用しているので美味しいのかも・・・?
高カロリーパンにはやっぱり勝てません❣️
他にもフレーバーデニッシュ一など自然な甘さが楽しめるあんこデニッシュ。
このほか、チョコ、メープル、シナモン、カスタード、季節商品などがあります。
残念ながら現在はフレーバーは販売してません。
軽くトーストしたらサクッとした食感で頂けます。

今回訪問して、忙しいのにもかかわらず、お店の方の対応は極めて親切、ゆったりとしてました。
これが長く地元で愛されるお店の秘訣なのかもしれません。
少し熱が冷めたらフレーバーデニッシュ買いに行きます。


パン屋さんのご紹介

モンシェール 東陽町工場
東京都江東区東陽5-24-10 MAP
電話番
03‐3615‐5811
営業日
時間 24時間営業
休日 年中無休
店名 モンシェール 銀座博品館店
住所 東京都中央区銀座8-8-1 銀座博品館1階
時間 17時~売り切れまで
休日 土日祝

一覧へ

この記事を書いた人

大谷りえ子

大谷りえ子 さん

三食、パンでも困らないくらいパン好き。 13年間の海外生活から見えた日本のパンの美味しいに気づき、パン屋さんを巡ってます。 この感動を皆さんに伝えたくFBページ「ハード系パンの食べ比べ」でほぼ毎日更新!BLOG→http://ameblo.jp/rie-092760