パン屋さんを巡る旅メディア パンめぐ

facebook
instagram

いちおしパン屋さん

地元のジビエを使った、ワインに合うパンに衝撃!「パン やまに」

2017年08月09日

山梨県北杜市明野町では、この時期大変人気のスポットがあります。60万本のひまわりが畑ごとに咲き誇っていくのです。
そこを目指して主人とドライブしていたら「パン」の看板発見!!
めぐりストとしては寄らないわけにはいきません。

「パン やまに」さんです。
2015年11月にオープン、ご夫婦お二人で営業なさっています。明野町には常時営業している個人経営のパン屋さんが1軒もないそうで「やまに」さんが唯一になります。近隣にお住まいの方は焼き立てパンが味わえるようになって幸せだろうなあと思います(*^_^*)

両側の窓から柔らかな日差しが差し込む店内は、大人4人入れるかなというくらいの大きくはないスペースに、懐かしい感じのする箱を使ってパン達が並べられています。閉店直前16時頃に立ち寄ったため、パンは残りわずかでした。

置いてあるパンがハード系が多かったのでメインはハード系なのですか?とお聞きすると、菓子パンや惣菜パンなどと半々で作っていますが、この辺りには小さいお子さんがいらして軟らかいパンから売れていくそうです。
商品タグを見ていると“自家製酵母”と表示されているものがいくつかあります。気になりますねー。

“ジビエクッペ”。地元、明野産の鹿を使ったピリッと辛いソーセージ、オリーブ、チーズがごろごろ入っています。鹿は臭みがなく元々好きなのですが、このソーセージは辛さがあって大人な味。冷えた白ワインでも赤ワインでも合いそうです♪パン生地ももっちりしていて好きなタイプ。これ、すごく気に入りました!!

“食パン”。クラストの焼き色がしっかりついているので、しっとりよりはさっくり系かなと思いながら生食してみると、見た目よりしっとりしてほのかな甘さとバターのコクも感じます。これも美味しい!!

偶然立ち寄ったお店「やまに」さんは大変レベルの高いパンを作られていました。
閉店間際にもかかわらず、奥様は終始笑顔で私の質問に丁寧にお答えくださり、厨房にいらしたご主人様も顔をだしてくださいました。ありがとうございます!!
自然の中で美味しい空気と共に味わうパンは最高なのだろうなあと、地元の方が羨ましくなりました。

【おまけ情報】
「やまに」さんを過ぎて目的地まで車で15分程度でしょうか。「北杜市明野サンフラワーフェス」が開催されています。「ハイジの村」と検索するとナビが連れて行ってくれます。

こんなに立派なひまわりが見られますよ!今年の「サンフラワーフェス」は8月20日まで開催予定。「やまに」さんとセットで行かれることをお薦めします!


パン屋さんのご紹介

パン やまに
山梨県北杜市明野町上手11192-1 MAP
電話番
0551-25-4511
営業日
営業時間:8時~16時(売り切れ次第終了)
定休日:毎週水曜日、木曜日
facebook
https://www.facebook.com/panyamani.akeno/

おすすめパン

ジビエクッペ(380円)
食パン(240円)

一覧へ

この記事を書いた人

岩田聡子

岩田聡子 さん

パン屋さんめぐりは人と人を繋ぐ。転勤族&専業主婦の私でも気づけばパンを通じて友達の輪が!!旅行好きな主人と地方のパン屋もめぐってます。