世界1位になった台湾の実力No.1パン屋さん「吳寶春麥方店(Wu Pao Chun)」。


台湾の呉寶春麥方店(Wu Pao Chun)を訪問!

2010年のパン職人世界大会「マスター・ド・ブーランジェリー」でライチと薔薇のパンにより優勝した吳寶春さんのパン屋さん。名実共に台湾のNo.1ブーランジェリーです。

台北のお店は、今コレド室町テラスにオープンして話題の「誠品生活」の台北松菸店にありましたが、2018年8月にメトロ象山駅直ぐ近くに移転し、アクセスし易くなりました。

新しいビルでとても綺麗、イートインスペースもあります。売り場スペースも松菸店に比べて格段に広くなりました。尚、本店は高雄(カオシュン)にあります。

独特の素材を組み合わせたパン!日本の小麦を使用したパンも!

こちらが世界大会で優勝したライチと薔薇のパンです。(画像右)
乾燥ライチとくるみ、ライチリキュールが入っており、ライチの食感をしっかり感じ、ライチと薔薇の香りが爽やかに香ります。

 

干竜眼(ドライリュウガン)、赤ワインとくるみのパン(左)はフランス産赤ワインとカリフォルニア産くるみに台湾産小麦を使用。紅茶と梅のパン(右)は何と日本産小麦を使用しています。この紅茶と梅のパンも2016年の優勝パンです。

マンゴー、クルミとクリームチーズのパン。マンゴーの酸味とクリームチーズが良く合います。このパンも日本産小麦を使用。

 

他にも台北店限定の甘しょっぱいブリオッシュや食パンなどがきれいに並べられていました。

 

購入したパンです。大きなパンはスライスしてくれます。

台北に行ったら必ず立ち寄りたいパン屋さんです。


この記事に関連するキーワード

パン屋さんのご紹介

呉寶春麥方店(Wu Pao Chun)
台北市信義區信義路五段124、126號 MAP
電話番
(02)2723-5520
営業日
09:30~20:30
定休日:毎月中旬の木曜日
ホームページ
https://www.wupaochun.com/

一覧へ

この記事を書いた人

岡田 亮

岡田 亮 さん

本業は会社員。休日は北海道から石垣島まで日本全国パンを求めて彷徨う旅人。海外はパリを重点に エッフェル塔も凱旋門も見ずにパン屋とスイーツとビストロ巡り。お米は年に数回しか食べない変な日本人です。