パン屋さんを巡る旅メディア パンめぐ

facebook
instagram

いちおしパン屋さん

ランチやデザートも充実。木々に囲まれた家具メーカー「北の住まい設計社」直営のベーカリーカフェで至福のひととき。

2018年08月01日

旭山動物園から車で30分ほど、東川町にある家具メーカー「北の住まい設計社」さん直営のカフェ&ベーカリーが美味しくて雰囲気もいいのでお薦め、と義姉に教えてもらい訪問。広い敷地に、設計社の建物やカフェ&ベーカリーの建物などいくつか建ち並び、どれも木をふんだんに使っていて住んでみたくなるほどとても素敵です。

手づくりの自然酵母、道産小麦、地元の美味しい水や材料を使ったパンのようです。

パンの種類はそれほど多くありませんが、ほとんどのパンが真っ白な生地ではなくうっすら茶色みを帯びていて、体に優しいパンなのだろうなという雰囲気が伝わってきます。まだ帰京するまで丸2日もあるので食べきれる分だけ購入。“カルダモンロール”と“シナモンロール”が並べてあり食べ比べをしたかったのですが、旅先では食べるものがたくさんあるので泣く泣く断念。とても人気があるようでランチしている間に結構な数が売れていました。

左側にある溶岩釜で焼かれるパン達。作っているところも見られるとテンションあがります。

“オリーブとローズマリーのリュスティック”。ボストンバッグに途中から入れて持ち運んでいたらバッグの中がなんだかにんにく臭い。何だろう?とよく見たら、にんにくのスライスが生地に使われていました(笑)翌日の朝食にホテルの部屋で食べてみました。クラストは硬くなくトーストしたらパリッとして美味しそうだなあと感じました。クラムはもっちりして水分量が高く、にんにくに負けずローズマリーの香りがちゃんとして、オリーブもたっぷり使われていて食事と一緒にいただきたくなります。

“全粒粉の粒あんぱん”。本当はふわっとまんまるなのですが、持ち運んでいる間に潰れてしまいました。美味しそうに見えなくてごめんなさい(涙)。

全粒粉なので小麦の香りを楽しめます。粒あんは豆の味がちゃんとする自家炊きと思われるもので甘さもほどよく、あんぱん好きな方にお薦めしたい一品です。

建物入ってすぐのスペースは、お店お薦めの、全国から取り寄せた食料品や調味料などが並んでいて、そのすぐ先の右手にパンの販売スペース、さらに奥にカフェスペースがあります。

使われている家具はもちろん「北の住まい設計社」さんのものなので気に入ったら購入可能です。暖炉もあって、冬は寒いだろうけれど窓から見える一面の銀世界をぼーっと眺めながらまったりしたくなる落ち着いた雰囲気です。

お昼頃に伺ったのでこちらでランチを。“フレッシュトマトとチーズのトマトソースパスタ”。普段はパンで小麦を大量摂取しているのでパスタは控えるようにしているのですが、我慢せずに食べて大正解!!生のトマトが爽やかでとろけたチーズも美味。セットでついてくるミニサラダは都内のレストランで申し訳程度に付いてくるものとは違い、数種類の野菜を使っていてボリューミー。スープも具だくさんだし、ハーブのフォカッチャはとても美味しくておかわりしたくなるほどです。これで1300円は超お得!!

食後のデザートは、大好きな興部町の「ノースプレインファーム」さんの有機牛乳を使ったカスタードプリンを注文。滑らかなとろける食感、卵の味とバニラビーンズの香りも高く、きび糖で作ったカラメルは香ばしいほろ苦さがありプリンの甘さをきりっと引き締めてめちゃめちゃ美味しかったです。

平日にもかかわらず予約してランチに訪れる方もいらっしゃりすぐに満席になる人気店です。パンだけ買う方ももちろん多くいらっしゃるので、ランチを食べる前に気になるパンは買っておくのがお薦めです。


パン屋さんのご紹介

北の住まい設計社 カフェ&ベーカリー
北海道上川郡東川町東7号北7線 MAP
電話番
0166-82-4556(家具メーカーである本社と共通)
営業日
営業時間:10:00〜18:00(ベーカリー)、~16:00(カフェの食事LO)、~17:30(カフェCLOSE)
定休日:水曜日
ホームページ
http://goodnews-ks.com/bakery-menu/

おすすめパン

オリーブとローズマリーのリュスティック1/2(190円)税抜
全粒粉の粒あんぱん(150円)税抜

一覧へ

この記事を書いた人

岩田聡子

岩田聡子 さん

パン屋さんめぐりは人と人を繋ぐ。転勤族&専業主婦の私でも気づけばパンを通じて友達の輪が!!旅行好きな主人と地方のパン屋もめぐってます。