町の灯を優しく灯すパン屋さん。国立・「アカリベーカリー」

2019年12月26日

国立・アカリベーカリーを訪問!

今回ご紹介するのは国立駅から徒歩5分ほどのところにある「アカリベーカリー」さん。

「日々のパン屋さん」を目指しているというアカリベーカリーさんの店内は、どこかほっとするような暖かな雰囲気。
パンが並ぶスペースのお隣には工房が見えます。

数々のパン屋で修行されたご主人と奥様がオーナーのお店です。

 

夕方伺ったので、普段より種類は少なくなってしまっていましたが、バゲットやカンパーニュなどのシンプルなパンから、菓子パン、調理パンまで様々なパンが並んでいました。

この日購入したのは3つのパン。

フロマージュレザン(200円)
全粒粉入りのハード生地に、クリームチーズ、赤ワイン漬けのカレンツ、アーモンドが入ったパン。
全粒粉の香ばしい生地に、クリームチーズのまろやかさとカレンツの甘酸っぱさが広がります。

フロマージュレザン

アンチョビキャベツ(210円)
珍しい具材に惹かれて購入。
アンチョビの塩気とキャベツの優しい甘み、そしてフォカッチャ生地に染み出すバターの風味が絶妙。
ワインのお供になりそうな、大人な味。

アンチョビキャベツ

クリームパン(170円)
自家製のカスタードクリームは、ぼてっとしていてしっかりとした卵の味。
そこにふんわりと香るバニラビーンズのアクセント。
やわらかなパン生地がクリームを優しく包み込み、口の中でとろけていきます。

食パンなどシンプルなパンにもこだわりがつまっているそうなので、次回はそちらもいただいてみたいです!


この記事に関連するキーワード

パン屋さんのご紹介

アカリベーカリー
東京都国立市中1-7-64 MAP
電話番
042-505-4263
営業日
営業時間:10:00〜14:00、15:00〜19:00
定休日:日月休

一覧へ

この記事を書いた人

Kayo

Kayo さん

パン屋めぐりが毎週末の楽しみ。個人経営のぬくもりのあるお店とパンが大好きです。