パン屋さんを巡る旅メディア パンめぐ

facebook
instagram

いちおしパン屋さん

代々木に来たら必ずご案内!ここにしかないデンマークの本場の味「イエンセン」

2018年03月07日

代々木界隈のパン屋案内をするとき、必ずコースに入れるのが代々木八幡駅から徒歩2分ほどの「イエンセン」さん。デンマーク大使館御用達のお店です。

この数年でこのあたりには新しいパン屋が続々とオープンしています。どのお店も美味しいのはもちろん見た目も凝っていてお洒落で、お客様はそれに惹かれて訪れたりします。それに比べるとイエンセンのパンはデンマークで修業したそのままの味を東京で再現しているため、色みは少なく派手な装飾もありません。でも、そのこだわりやお店の方の控えめながらもいつも変わらない接客に「また来たい、食べたい」と思わせてくれる大好きなお店なのです。

今回はパンめぐの企画で伺ったので、お忙しいところを店主の和田シェフもわざわざ店頭に顔を出してくださりご挨拶することができました。好きなお店のシェフに会えると、パンの味とシェフの人柄が重なり合ってさらに美味しく感じます。

目黒区にある自宅を改装してパン屋「ワルン・ロティ」を営んでいる大和田聡子氏の著書『世界のパン図鑑224』はパン素人の私がカタカナ名のパンの素材や傾向を読み解く際に必読しているバイブルです。
以前からデンマークのページにあるパンとイエンセンのパンの商品名が同じだなあと思っていたのでシェフの奥様に聞いてみたところ、「このページに掲載されているパンはうちのパンを使っているんですよ」と教えてくださいました。好きな本と好きなお店がつながったことで、もう好きが止まらなくなっています(笑)

店内は写真撮影禁止のため、買ったパンを自宅で撮影。この日はバイブルも持参していたので今まで食べたことのなかったパンもいくつか購入。色みは控えめですが形は様々。他店では見たことないようなものもありますよね。

朝食時などに食べる“ギフラ”。
ロールパンのような形をしていますが、表面は型崩れしない程度にしっかり、中はみっちり。バターや添加物不使用なため、デンマークのお母さんたちは赤ちゃんのおしゃぶり代わりにこのパンを与えるそうです(大和田氏の著書より)。
お店お薦めの、上下に半分にカットしてバター、チーズなどを載せてトーストしてみました(写真は断面を撮りたくて縦にカットしています)。食べてみたら、外側はクラッカーのような食感、内側はややふんわりでバターの染み込みがいいです。そのパンに合った食べ方をすることって大事。そして、それを知るにはお店の方と話してお薦めを聞くなどすることが一番ですね。そんな楽しみもパン屋巡りで感じてもらえたらいいなあ。

初めて買った“ティビアキス”。表面にはたっぷりの白いけしの実。大和田氏の著書によると「デンマークを代表するデニッシュの基本中の基本」だそうです。買う時から層のすきまにバターが溢れているのが見え、軽くリベイクしたらパチパチシュワシュワとバターが動き出す。サクサクの層には砂糖の甘みがあり、甘くないと勝手に思っていたので一口目は驚きましたがシンプルな構成は飽きずにまた食べたくなる美味しさ。

“スモー・スナイル”。シナモンロールですね。デンマークのデニッシュはバターを沢山使うからでしょうか、生地が日本のパン屋にあるデニッシュとは違い、サクッとしたあとに油脂分が多いからかトゥルンというか何と表現していいか難しいのだけど、すっと口に入って滑らかになくなっていきます。シナモンの量もちょうどよく、毎回買う一品です。

“スモー・ケーア”。こちらは生地にカスタードクリームとラムレーズンを巻いて焼き上げていて、外はサクサク、中は他では食べたことのないような、ややずっしり&しっとりとしてしっかり甘いのですが、ブラックコーヒーと一緒に食べると幸せなティータイムが訪れます。これも毎回のように購入しちゃいます。

“スパンダワー”。小さいときから食べていたパン屋「アンデルセン」にもあるカスタードデニッシュ。こちらも定番のペストリーで、カスタードクリームはぺったりとしたプリンっぽい食感。やはりイエンセンさんの生地は独特の口どけですね。アイシングも適量で美味しい。

“ショコレーゼ・ボロ”。カットするまでぽっかりと空洞があるとは気付かなかった。生地は薄いのでふんわり軽いのだけれど、上に載せたチョコレートシュガーがシャリシャリして甘く、中にはカスタードも入っていて食べ応えあります。

イエンセンさんの生地は冷凍したりせずその日に作って焼き上げるため、大量には作れないそうです。そのため、午前と午後で焼きあがる商品が違い、朝に食べたい食事パンなどは午前中早い時間から並びます。私はお昼前にしか伺ったことがなかったので午後に焼きあがるパンの存在を知りませんでした(汗)
次回はお昼過ぎに来て、今まで買ったことのないパンを食べてみよう。そして、また奥様や息子さんとおしゃべりを楽しみながらここでしか買えないパンを買おう。


パン屋さんのご紹介

イエンセン
渋谷区元代々木町4-3 MAP
電話番
03-3465-7843
営業日
営業時間:月~金6:50~19:00
     土6:50~16:00
定休日:日曜・祝日

おすすめパン

スモー・ケーア
ティビアキス

一覧へ

この記事を書いた人

岩田聡子

岩田聡子 さん

パン屋さんめぐりは人と人を繋ぐ。転勤族&専業主婦の私でも気づけばパンを通じて友達の輪が!!旅行好きな主人と地方のパン屋もめぐってます。