おいしい・やさしい・種類豊富! 一味違うパンが楽しめる、大阪天王寺で愛され続けるパン屋さん【ビアン シュール (Bien Sur)】(大阪府大阪市)


1+

みなさんこんにちは!パンめぐりストのさくもちまぴおです。

 

今回は、パンのおいしさ、体への優しさ、種類の豊富さなどから、大阪の天王寺で愛され続ける実力派のパン屋さん、「ビアン シュール (Bien Sur)」さんをご紹介します。

 

天王寺駅から路面電車沿いに約6分歩くと、お店が見えてきます。

木のぬくもりが感じられる外観から、あたたかい雰囲気が伝わってきます。

訪問したのは平日の朝8:45ごろ。既にたくさんのパンが並んでいました。

ハード系のパンなどは少なかったので、もう少し遅めの時間のほうがより品揃え豊富かな?という印象でした。

お店のこだわりとして、パンは全て、トランス脂肪酸を含むショートニングやマーガリンは一切不使用とのこと。

「パン大好き!でも健康面にも気を配りたい…!」という思いに応えてくれるのも、長年愛される理由のひとつですね。

 

今回購入したのは、

・クリームチーズのカレーパン

・肉味噌焼きそばパン

と、ちょっとひねったネーミングの2種類。どちらも出来立てでホカホカの状態でした。

 

2階にはイートイン席があり、買ったパンをすぐにいただくことができます。パンを買うとドリンク50円引きという素敵なサービスも!

特に今のような暑い時期、涼しい店内で買ったものを食べられるのは嬉しいポイントですよね。

 

今回イートインは利用せずお持ち帰りにして、どちらも食べる前にトーストで温め直してからいただきました。

 

まずは「クリームチーズのカレーパン」から。

ころん、ぽてっとしたフォルムがなんともカレーパンらしいです。

半分に割って中を見てみると、塊のクリームチーズが!ビアン シュール (Bien Sur)さん自家製のカレーも、どろっと具だくさんでとてもおいしそうです。

クリームチーズでまろやかな味なのかな?と想像しながら一口。

すると予想以上にカレーの風味やパンチがしっかりと存在し、カレーそのものの味に本気を感じました。

 

食べる場所にもよりますが、基本的にクリームチーズは後からほんわりと感じる程度です。ですがねっとりとした食感はしっかり感じられて、満足感にも貢献してくれています。

 

クリームチーズの多いところ少ないところで味が変化するので、最後まで飽きずに食べられるのも素敵ポイント。

そして生地は薄すぎず厚すぎず、ほどよくサク、もちっとしていてバランスがよいです。

大満足でありながらぺろっと食べられてしまいました…。

 

 

続いては「肉味噌焼きそばパン」。

一見焼きそばの存在は分からず、チーズが乗っている丸いパンのよう。

こちらも半分に割ってみると、焼きそばと肉味噌がみっちり入っています!

持ったとき、「なんだか重いな」と不思議に思っていた謎が解けました。こんなに詰まっていたら当然重たいわけだ…。

食べてみると、一口目から、肉味噌、焼きそば、パン生地、表面のチーズ、全ての味が口に入ってきます!これは新感覚の焼きそばパンです!

よくある「ソース味の焼きそばがっつり!」という味でなく、主役である少しだけ辛い塩味の肉そぼろを、パンと焼きそばと香ばしいチーズが包んでいる、新しさと優しさを兼ね備えたパンのように感じました。

肉味噌にはネギや粒マスタードも入っています。そう、この肉味噌がとにかくおいしいんです。そしてパンに合うんです。レシピを知りたくなる美味しさです!

パンはソフト系で、ほどよく水分のある、歯切れのよい生地。少し甘いのがしょっぱめの具材と合って素敵でした!

 

どちらもとってもおいしくて、甘い系のパンやハード系のパンなど、違う種類も試してみたいな、いや今回食べたパンももう一回食べたいな、ともう次行ったときの計画を練っている私…。

みなさんもぜひ「ビアン シュール (Bien Sur)」さんでわくわく感を楽しんでくださいね♪

 

SHOP INFORMATION
【店名】ビアン シュール (Bien Sur)
【住所】大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋2-4-44
【電話番号】06-6624-2294
【営業時間】8:00~20:00
【定休日】なし(不定休)

※写真の商品の種類、価格は、2022年6月現在の情報となります。
※営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗までご確認ください。


この記事に関連するキーワード

パン屋さんのご紹介

ビアン シュール (Bien Sur)
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋2-4-44 MAP
電話番
06-6624-2294
営業日
8:00~20:00
【定休日】なし(不定休)

一覧へ

この記事を書いた人

さくもちまぴお

さくもちまぴお さん