インスタフォロワー1.1万人!一風変わった生食パンが人気の高島平のパン屋さん【下田流】(東京都板橋区)

2022年05月27日

1+

地下鉄三田線のはじっこ、高島平。

この地で大人気のパン屋さん「下田流」に、昨年のオープン日以来の訪問をしてきました。

「下田流」は下赤塚のブランジェリーケンさんから独立した下田さんのお店で、昨年9月に高島平にオープン。

下田さんのパンが大好きな友人たちとオープン日の早朝から並んだのが懐かしい。

 

今回はそのオープン日ぶりに、1時間ほど電車に揺られ、ちょっとしたパン旅に出てきました。

久しぶりの訪問にわくわく。

店内に入ると、以前食べてお気に入りになったフレーバーのベーグルやスコーンがたくさん。以前伺った時にはなかったパンもたくさん並んでいて、全部買いたい衝動に駆られる。

 

今回紹介するのは定番の生食パンと、おいしくて感動したダイエットパンの2つ。

 

まずは下田流といえば、な「生食パン」。

これがお目当てのお客様も多い大人気のパン。

これです。

これが食パン?と思う人も多いでしょう。

知っている食パンの形じゃない。四角くない。

コッペパンのような形。

 

加水率を高くしても成型できる形を求めた結果、これにたどり着いたそう。

水分をたくさん含んでいることはこちらの写真からも伝わるはず。

水分たっぷりでやわらかく、重さで原型を保てていない。

これこれ。これが下田流生食パン!!

 

加水率は驚異の138%!

断面の写真からも水分を感じる。水分でしっとりぷるぷる。

 

久しぶりの下田流生食パン、いただきます。

 

一口食べた瞬間、口角があがる。

 

クラストは薄くむちっと、クラムはとにかくもっちもち。

ほんのりとした甘みがあって何もつけなくても美味しい。

発酵バターと生クリームが使われたリッチな食パンで、食べ進めていくたびにバターのふわっとした香りを堪能できる。幸せ。

おいしくって一気に1本食べられちゃう。

 

定期的に無性に下田流生食パンが食べたくなる日が来るので、冷凍庫にストックしておきたいくらいお気に入りのパン。

 

そして今回初めて食べた、美味しいのにダイエット向きなパンもご紹介。

 

ベーコンチーズトマト雑穀フランス。

下田流さんでは「下田がダイエットのために毎日食べる予定のパン」、通称「ダイエットパン」が売られていて、このベーコンチーズトマト雑穀フランスは、そのダイエットパンのパン生地で作られたもの。

 

以前からダイエットパンが気になっていたので、迷わずこちらを購入。

これが美味しすぎた。

 

雑穀の香ばしさが際立つパン生地も、生食パン同様ぷりっぷりでもっちもち。個人的には生食パンよりも潤いを感じる気がする。もっちゅもちゅ。

生食パンから甘みを抜いて香ばしさを足したようなシンプルさ。物足りないと思う人もいるかもしれないけれど、毎日食べるにはこれくらいが良い。

中には大きな角切りベーコンと大好きなドライトマト。そしてチーズ。

ドライトマトは旨みがすごく凝縮されていて、これだけで食べたいくらい。このトマトの旨みとパンのシンプルな味わいが合わないわけがない。

 

久しぶりの下田流、お気に入りのパンと気になっていたパンを食べられて幸せだった。

 

SHOP INFORMATION
【店名】下田流
【住所】東京都板橋区高島平7-26-4
【電話番号】―
【営業時間】7:30~17:00(売り切れまで)
【定休日】月・水・金曜日

※写真の商品の種類、価格は、2022年4月現在の情報となります。
※営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗またはInstagramにてご確認ください。


この記事に関連するキーワード

パン屋さんのご紹介

一覧へ

この記事を書いた人

coco さん

チーズとトマトが大好きな大学生が綴るパン屋さん巡り記録。パンと同じくらいお米も麺も食べますが、都内に住み始めてからパン屋さんに魅了さ れ、パンを記録するInstagramアカウントを始め今に至ります。ずっしりもちもちなハード系パン、ベーグルが好きです。