大人気!朝からパン盛りを堪能できる有名ベーカリー【パーラー江古田】(東京都練馬区)

2022年04月26日

2+

今回は、住宅街に佇む大人気のお店「パーラー江古田」で幸せなモーニングをいただいてきました。

孤独のグルメにも取り上げられたことのある小竹向原の「まちのパーラー」は、ここ、「パーラー江古田」の2号店です。

まちのパーラーには以前伺ったことがありますが、パーラー江古田は今回が初めて。

 

明るい光が差し込む開放的な雰囲気のあるまちのパーラーに対して、パーラー江古田は少し落ち着いた雰囲気で、”実家”を感じさせる居心地の良さがあります

 

メニューも少しずつ違い、どちらにも通いたくなります。

 

どちらも8時半から開いているので、出勤前のモーニングも楽しめます。

 

私たちはこの日休日の朝9時に到着しましたが、お店の前はすでに待っているお客様でいっぱい。

 

店内の席が空くのを待つ間にメニューを見させていただき、先に注文を伝える形式でした。

 

悩みに悩んだ結果、私は6種類以上のパンとパンの付け合わせを少しずつ楽しめるスペシャルパンセットをチョイス。一緒に伺った先輩はチキンと舞茸のサンドイッチを選んでいました。

サンドイッチはどれも、自分好みのパンを選ぶことができるところも嬉しい。

 

注文を伝えてから少し待ち、店内に案内されました。入った瞬間パンの香りにふわっと囲まれました。これぞ幸せ。店内のショーケースも絶景。ハード系メインにパンがずらっと並んでいます。

 

店内にはワイン庫への扉やワインボトルが並ぶ様子も。

パンをあてにワインも飲んでみたい!

カウンター席で座って待っている間も、他の方のオーダーが次々と運ばれているのを見ているだけで楽しく、全部食べたくなってきてしまいます。

 

ついに私たちの元にも料理が到着。

圧巻のスペシャルパンセット。
小さくカットされたパンが10数切れと、オリーブオイルやリコッタチーズ、カルピスバター、魚の燻製といったパンの付け合わせが少しずつ。

このパンセットのパンもほとんどハード系で、ハードなパンが大好きな私にとって、朝からハードパンをたらふく食べられること以上の幸せはないです。

パンはどれも一口食べるごとに感動してしまうくらいおいしい!ハード系のパンは「かたい」という理由で敬遠されてしまうことも多いけれど、パーラー江古田のハード系はどれも周りは厚くてバリッバリなのに歯切れが良く、内側はしっとりもっちりしています。この外側と内側のコントラストに惚れます!

ハード系はあまり食べないという人にもおすすめしたいお店。近所に住んでいたら少なくとも週1で通ってしまいそう。

 

今回はイートインのみの利用でしたが、スペシャルパンセットで気に入ったパンをテイクアウトするのもよさそう。

 

このおいしさを広めるべく、友人を連れて通いたいです。

 

SHOP INFORMATION
【店名】パーラー江古田
【住所】東京都練馬区栄町41-7
【電話番号】03-6324-7127
【営業時間】8:30~18:00(席の予約はどの時間帯も不可)
【定休日】火曜日(祝日の場合は営業・振替休日あり)

※写真の商品の種類、価格は、2022年3月現在の情報となります。
※営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗またはFacebook、Instagramにてご確認ください。


この記事に関連するキーワード

パン屋さんのご紹介

一覧へ

この記事を書いた人

coco さん

チーズとトマトが大好きな大学生が綴るパン屋さん巡り記録。パンと同じくらいお米も麺も食べますが、都内に住み始めてからパン屋さんに魅了さ れ、パンを記録するInstagramアカウントを始め今に至ります。ずっしりもちもちなハード系パン、ベーグルが好きです。