ハード系から菓子パンまで!素材に拘り種類も豊富な読谷村の人気店【ぱん工房おとなりや】(沖縄県・読谷村)


0

沖縄のリゾートエリア、読谷村に2008年12月にオープンした「おとなりや」さん。お店の外壁に飾られた絵や、入口右手に置かれた手作りの看板や植物がとても印象的です。お店の前には広く駐車場が取ってありますが、車がどんどんやってきます。

おとなりやのオーナーシェフ齊藤隆之さんは大阪で生まれて、家族で沖縄に移住。北海道旅行中に北海道が気に入って住み、途中パン屋さんを巡り、その後沖縄に戻られておとなりやさんをオープンされています。

お店のドアを開けると、正面にも印象的な男女の絵があり、左手には大きなスピーカーとレコードのジャケットが飾られています。店内にはジャズやソウルの音楽が流れていて、リラックスしたムードで買い物をすることができます。

そして、おとなりやさんのパンは何といっても種類が豊富。菓子パンから食事系パン、ハード系パンまで多岐にわたる種類のパンが80種類ほど並んでいて、あれこれと目移りしてしまうこと必至です。

 

酵母はレーズン、イチジクを使った自家製天然酵母。小麦粉は北海道・九州・沖縄のオーガニック小麦、その他無農薬野菜や果物などの素材にも拘ったパン作りをされていて、食の安全を志向されていることがうかがえます。

一つのパンは3~4個置かれていて、どんどん焼きあがっている印象ですが、午後には殆ど売り切れてしまうようなので、午前中の訪問が望ましいです。

こちらはハード系のコ-ナーです。パンが大きいので、半分、1/4サイズでの購入も可能な商品があります。右下の「たんかんとラムレーズンを使ったライ麦パン」が特に目を惹きました。それにしても、価格がリーズナブルで嬉しいですね。

 

【購入したパン】

*ローズマリーのフォカッチャ

ローズマリー好きにはたまらないフォカッチャでサンドウィッチにぴったりです。

 

*月桃のあんぱん

月桃は「沖縄のハーブ」と言われる抗菌、消臭、リラックス効果がある植物で、この月桃の香りの粒あんが入ったあんぱんです。

 

*くるみのバトン

シンプルですが、くるみがアクセントとなっています。

 

*たんかんとくるみとラムレーズンのライ麦パン

リッチなテイストのライ麦パンです。

 

まだまだ他に気になるパンがたくさんあるので、再訪必至のお店です。

 

SHOP INFORMATION
【店名】ぱん工房おとなりや
【住所】沖縄県中頭郡読谷村瀬名波633-2
【電話番号】098-958-6260
【営業時間】8:00~18:30 ※売り切れ次第閉店
【定休日】木・日曜日

※写真の商品の種類、価格は、2022年2月現在の情報となります。
※営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗またはInstagramにてご確認ください。


この記事に関連するキーワード

パン屋さんのご紹介

ぱん工房おとなりや
沖縄県中頭郡読谷村瀬名波633-2 MAP
電話番
098-958-6260
営業日
8:00~18:30
※売り切れ次第閉店
【定休日】木・日曜日
Instagram
https://www.instagram.com/otonariya.yomitan/

一覧へ

この記事を書いた人

岡田 亮

岡田 亮 さん

本業は会社員。休日は北海道から石垣島まで日本全国パンを求めて彷徨う旅人。海外はパリを重点に エッフェル塔も凱旋門も見ずにパン屋とスイーツとビストロ巡り。お米は年に数回しか食べない変な日本人です。