「本郷ベーカリー」のかわいくておいしい手のひら食パン!(東京・本郷)

2021年09月30日

4+

8月某日、学校の課題に追われるなか、ふと行きたくなった「本郷ベーカリー」さん。本郷三丁目駅から国道17号線沿いを南下していくと、ふと現れる明るい雰囲気のパン屋さん。

お店に入るなり「いらっしゃいませ」と元気な挨拶が。1日頑張るパワーをもらえた気がして、課題に追われ憂鬱だった私も笑顔になれました。

創作的でかわいらしいパンがたくさん並ぶ店内。ミニサイズの食パンを使ったサンドイッチや、マンガに出てくるような骨付き肉をイメージしたマンガ肉パン。

見ているのが楽しい店内から、私は手のひらサイズの食パン、その名も「手のひら食パン」をチョイス。

本郷ベーカリーさんでは、マスカルポーネを使用したミルキーな食パン「やわふわ」と、もっちもちな生地が特徴的な湯種食パン「もちしと」の2種類の食パンを焼いており、「手のひら食パン」は、このうち「やわふわ」の生地を小さい型で焼き上げたもの。

コロコロとした可愛らしいサイズ感の「手のひら食パン」は、店内に並んでいる姿も愛おしい。

「ちょこれーと」や「のりちーず」など、美味しそうなフレーバーが並ぶなか悩みに悩み、「しそめんたい」を購入。

手のひらにちょこんとのっている姿も可愛い。しそは少し剥がれやすく取扱い注意。早く食べたい気持ちをこらえて半分に割ってみる。
と、中にはたっぷりの明太子が。絶景。

この写真お気に入りすぎてずっと眺めていられる。「やわふわ」という名前から想像していたよりも生地はむち~っとしていて、パン耳もむち~。ふわふわだけど、きめ細かくて、噛めば噛むほど甘みが感じられる。

ずっと食べていたい。

この生地の感じすごく好き。

これで「やわふわ」なら「もちしと」はどれくらいもちもちなのだろうという想像も膨らむ。写真からも伝わるように、明太子も惜しみなくはいっている。たっぷりだけど、パン生地が負けないくらいのちょうど良い量。明太子の塩気とピリ辛さがパンの甘さをさらに引き立ててくれる。

この「手のひら食パン」に心をつかまれ、今後食パンを買いに通い出しそう。それくらいおいしかった。

今回は焼き上がり時間の関係で買えなかった2種類の通常サイズの食パン、「やわふわ」と「もちしと」の食べ比べもしてみたいところ。

今日頑張りたい、そんな日のランチに寄ってみるのはいかがでしょうか。

SHOP INFORMATION
【店名】本郷ベーカリー
【住所】東京都文京区本郷2-26-11
【電話番号】03-6801-8755
【営業時間】8:30-18:00(売り切れ次第終了)
【定休日】なし(年末年始)

※営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗Twitter/Instagramにてご確認ください。


この記事に関連するキーワード

パン屋さんのご紹介

本郷ベーカリー
東京都文京区本郷2-26-11 MAP
電話番
03-6801-8755
営業日
8:30~18:00(売り切れ次第終了)
【定休日】なし(年末年始)

臨時休業などのお知らせはTwitter/Instagramでご確認下さい。
Twitter
https://twitter.com/hongobakery
Instagram
https://www.instagram.com/hongobakery/

一覧へ

この記事を書いた人

coco さん

チーズとトマトが大好きな大学生が綴るパン屋さん巡り記録。パンと同じくらいお米も麺も食べますが、都内に住み始めてからパン屋さんに魅了さ れ、パンを記録するInstagramアカウントを始め今に至ります。ずっしりもちもちなハード系パン、ベーグルが好きです。