3代続く歴史あるお店【ふらんす館/福岡・西新】

2021年06月17日

1+

今回ご紹介するのは、福岡市営地下鉄西新駅から
徒歩10分ほどのところにある「ふらんす館」さん。
3代続く、歴史あるお店。
フランスパン専用粉の開発とフランスパンの普及に尽力された初代。
2代目がパン屋を始めてからは40年ほどの歴史があります。
粉のみならず、素材へのこだわりはひとしお。
きび砂糖、長崎の天然海水塩、北海道の四つ葉バター、電解還元水…など、
そのこだわりは細部に至ります。

店内には多種多様なパンが並び、シュークリームやプリンなどの洋菓子も。
ちょっとした手土産としても良いですね。
いろいろなパンに目移りしながらも、素材のこだわりが光っていそうなパンを選んでみました。

◆ロイヤル・ピスタチオ

お店に入ってすぐ目についたのがこのパン。
直径10センチほどの大きさで、食べ応えがありそう…と思いきや、
想像以上にふんわりした生地。
真ん中に挟まれているのは、草色の鮮やかピスタチオクリーム。
クシチリア産のピスタチオペーストにカスタード、生クリーム、
刻んだピスタチオを混ぜ込んであり、コクのあるまろやかな味わいです。

◆糸島卵のスクランブルエッグと三元豚ベーコンリュスティックサンド
(明太ソース入り)

甘みのある、ぷるんとしたスクランブルエッグ。
明太マヨのマイルドな辛みとのバランスが絶妙。
しっかり焼かれたベーコンの噛むごとに増す旨み。

それぞれの特長が一体となって口の中に広がります。
パン生地は気泡が大きく柔らかさのなかに弾力があり、
どの具材とも程よく調和しています。

◆九州産ほうれん草と三元豚ベーコンホワイトソースのクロックムッシュ

こんがり焼かれた表面のチーズに食欲をそそられます…!
2枚の食パンの間には、ほうれん草、ベーコン、ベシャメルソース。
定番ながらも、だからこそこだわりが光ります。
ベシャメルソースはあっさりめで、後味さっぱり。
ベーコンのスモーキーさがアクセントになって引き立ちます。
温め直すと、香ばしい食パンからとろりと溶け出すソース。
なんともいえない美味しさです。

今回見逃してしまっていたのですが、フランスパンは粉や窯にも創意工夫を凝らし、特にこだわり抜いた商品なよう。

次回も来店する楽しみができました。

SHOP INFORMATION
【店名】ふらんす館
【住所】福岡市早良区城西2-6-14
【電話番号】092-834-6789
【営業時間】営業日:平日9:00~18:00
土日祝8:00~18:00
【定休日】毎週月曜日

*営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。


この記事に関連するキーワード

パン屋さんのご紹介

ふらんす館
福岡市早良区城西2-6-14 MAP
電話番
092-834-6789
営業日
営業日:平日 9:00~18:00 / 土日祝 8:00~18:00
定休日:毎週月曜日

HP
http://www.furansukan.com/

一覧へ

この記事を書いた人

Kayo

Kayo さん

パン屋めぐりが毎週末の楽しみ。個人経営のぬくもりのあるお店とパンが大好きです。