小麦粉、小麦グルテン、卵を一切使用しない 十割の米粉パンのお店「こめひろ」(東京・武蔵境)

2021年05月10日

0
今回ご紹介するのは、JR中央線武蔵境駅から徒歩7分ほどのところにある、「こめひろ」さん。
こちらのパンはすべて、小麦粉、小麦グルテン、卵を一切使用しない十割の米粉パン。
栃木産の米粉を使い、甘味料は基本的には北海道産の砂糖大根からできたビートグラニュー糖を使用。
美味しく食べることが、日本の農家さんの応援にも繋がります。

豊富なレパートリーの米粉パン

道路に面した対面式のショーケース。
ドーナツ、ワッフル、食事パン、食パン…とずらりと並ぶパン。
一見しては米粉パンとはわからないような豊富なレパートリーです。
今回は定番のシンプルなパンを中心に購入しました。
プレーン米粉パン
お店一番の人気かつ定番商品。
小麦粉、乳、卵を使わずに作られているのですが、そうとは思えない満足感。
トースターで焼くと、焼き餅のように皮目はパリッと、中はもっちり。
私のおすすめは、レンジで温めること。
つきたてのお餅のような、もちもちの弾力が楽しめます。
小麦粉ではないため香りはほのかですが、だからこそ、和にも洋にも合わせられます。
(今回はコーンスープとあわせてみました!)
かぼちゃパン
鮮やかな黄色が目を惹くパン。
無添加のかぼちゃペーストがたっぷりと練り込まれており、かぼちゃプリンのような、ほのかで優しい甘みが特徴的です。
そのままでも美味しいですし、お好みで蜂蜜などの甘みを加えてもバッチリ。
いちごワッフル
春めくピンク色が可愛らしい、いちごのワッフル。
国産のいちごピューレがふんだんに使われており、袋を開けた瞬間からいちごの香りが広がります。
口にすると、その華やかな香りと爽やかな甘みに満たされて、思わず恍惚としてしまいます。
凸凹とした形のため、他のパンとはやや異なり、トースターで焼くとさっくりとした食感に。
形や温め方で変幻自在に食感の変わる米粉パン、まだまだ奥が深いです…!
ネット通販もされているので、遠方の方もぜひ一度試してみてくださいね。
SHOP INFORMATION
【店名】こめひろ
【住所】東京都武蔵野市境2-3-18
【電話番号】 0422-77-6616
【営業時間】10:00~15:00(売切れ次第閉店)
【定休日】土曜日・日曜日
水曜日・木曜日・金曜日は、事前にお電話にてご予約いただいた場合のみ、店頭にて販売。
     *予約方法は店舗ホームページをご覧ください。

※営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。


この記事に関連するキーワード

パン屋さんのご紹介

こめひろ
東京都武蔵野市境2-3-18 MAP
電話番
0422-77-6616
営業日
営業時間:10:00~15:00(売切れ次第閉店)

営業日 : 土曜日・日曜日 
      水曜日・木曜日・金曜日は、事前にお電話にてご予約いただいた場合のみ、店頭にて販売。

営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。
HP
http://comehiro.com/
Facebook
https://www.facebook.com/comehiro
Twitter
https://twitter.com/_comehiro

一覧へ

この記事を書いた人

Kayo

Kayo さん

パン屋めぐりが毎週末の楽しみ。個人経営のぬくもりのあるお店とパンが大好きです。