大阪にある都会のオアシス「ル・シュクレクール」はフランスの香り一杯


0

 

大阪の中心、堂島にある「新ダイビル」は緑に囲まれた、新しいビルです。その1Fにカフェを併設したパン屋さん「ル・シュクレクール」はさながら都会のオアシスのようです。

お店に入ると目に飛び込んでくる、まるでパンの自販機のようなショーケース。ぎっしりとパンが詰まっていますが、フランスで修業されたオーナーシェフのパンはフランスの香り一杯です。ヴィエノワズリのコーナーは迷うこと暫し。

 

 

 

こちらはサンドイッチや食事パンのコーナー。

コロナ対策でビニール手袋をして、自らパンを選んでトレーに乗せる方式です。

 

 

購入したパンです。

 

*2種のレーズン、カレンズ、くるみ、オレンジ、いちじく
*クロワッサン生地シナモンロール
クロワッサン生地のシナモンロールは珍しいですね。カロリーはかなり高そうですが。
お店の前の緑に囲まれたアウトドア、カフェスペースで購入したパンを頂くのがお勧めです。
SHOP INFORMATION
【店名】Le Sucré-Coeur(ル・シュクレクール)
【住所】大阪府大阪市北区堂島浜1丁目2-1 新ダイビル1F
【電話番号】06-6147-7779
【営業時間】水曜日~日曜日 10時00分~19時00分
【定休日】月曜日、火曜日

※営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。


この記事に関連するキーワード

パン屋さんのご紹介

Le Sucré-Coeur(ル・シュクレクール)
大阪府大阪市北区堂島浜1丁目2-1 新ダイビル1F MAP
電話番
06-6147-7779
営業日
水~日曜日 10時00分~19時00分
月・火、休
HP
http://www.lesucrecoeur.com

一覧へ

この記事を書いた人

岡田 亮

岡田 亮 さん

本業は会社員。休日は北海道から石垣島まで日本全国パンを求めて彷徨う旅人。海外はパリを重点に エッフェル塔も凱旋門も見ずにパン屋とスイーツとビストロ巡り。お米は年に数回しか食べない変な日本人です。