可愛らしいパンの数々!個性的なネーミングや見た目のパンたちが迎える世田谷区烏山「ぱんや照光」

2021年02月22日

0

今回ご紹介するのは、京王井の頭線 富士見ヶ丘駅から徒歩12分ほどのところにある、「ぱんや照光」さん。駅から少し離れた団地の前にあるこちらのお店。芳しいパンの香りを頼りに進んでたどり着きました。


このパン屋さんの特徴は、可愛らしいパンの数々!たくさんのつぶらな瞳に見つめられます…!個性的なネーミングや見た目のパンたち。子どもたちに名前で呼んでもらえると嬉しい!というご主人の想いが通じ、子どもたちにも大人気だそう。最近ではパン祭りに出店したり、学校行事で声がかかったりと、多くの方に愛されるパン屋さんです。

オススメやエピソードをお聞きしながら、5つのパンをいただきました。


・クリ・栗・レンジャー
この形、なにかに見えてきませんか…?お名前のとおり、戦隊ヒーローをイメージしたパン。抹茶ベースにマカダミアナッツの練り込まれた生地。上にのるのはレンジャーのゴーグルを模した渋皮栗。そしてレンジャーの中身には、渋皮栗あんとクリームチーズがたっぷりと詰まっています。その組み合わせは意外にも相性ばっちり!あんこの甘さをクリームチーズの酸味がほどよく抑え、さらにしっとり感が加わって生地ともよく馴染みます。全体としてひとまとまりになった、バランス抜群のレンジャーです。


・カシス&カッパーナ
イベントで人気を博し、登場したというこちらのパン。見た目がなんとも可愛らしいですよね。抹茶マカダミア生地のお顔に、パイナップルのお皿。中にはカシス&ブルーベリークリームとクリームチーズが入っています。切ってみると、とっても色鮮やか。ベリーとクリームチーズの相性は言うことなしの美味しさ。パイナップルの甘味と果汁がじゅわっと香り、これまたいい仕事、してます。


・いちぢくとクリームチーズのスイートリング
オープン以来の定番人気商品。写真では溶けてしまっているのですが、表面の粉砂糖が焼き直すといい具合にカリッと仕上がります。内側にはいちぢくとクリームチーズが練り込まれており、セミハードでほどよい食感です。


・まめぼっくり
丹波黒豆と渋皮栗がごろごろはいった食パン。食パンというよりはお菓子のようなリッチさです。トーストがおすすめと教えてもらい、実践。皮がカリッと、豆と栗がほっくりとして、至福の味わい。きな粉をトッピングするアレンジも試してみると、香ばしさと奥深さが加わり、これまた美味。そのままでもアレンジしても楽しめるパンでした。


・ラスク
隠れた人気商品のラスク。この薄さとサイズ感がポイントだそう。仰るとおり、ぽりぽりと、次から次へと口に運んでしまいました。罪悪感を和らげてくれるこの薄さ、サイズ感と程よい甘さ。気がつくとなくなってしまう恐ろしいやつです。日々新作を考えられており、多いときには1週間で4種類の新作を出すこともあるそう。

きっと行く度に新しいパンに出会えることと思います。
ぜひ足繁く通ってみてくださいね!

SHOP INFORMATION
【店名】ぱんや照光
【住所】東京都世田谷区北烏山1-61-6 サンメイト烏山1-B
【電話番号】03-6909-0277
【営業時間】7:00~18:00(日曜営業)
【定休日】月・火


この記事に関連するキーワード

パン屋さんのご紹介

ぱんや 照光
東京都世田谷区北烏山1-61-6 サンメイト烏山1-B MAP
電話番
03-6909-0277
営業日
【営業時間】
7:00~18:00
日曜営業

【定休日】
月・火曜日
Instagram
https://www.instagram.com/terumitsu_bakery/

一覧へ

この記事を書いた人

Kayo

Kayo さん

パン屋めぐりが毎週末の楽しみ。個人経営のぬくもりのあるお店とパンが大好きです。