長野県産小麦と季節の酵母を使った上田市のパン屋さん「麦の笑(え)」


西に北アルプス、南に八ヶ岳を望む上田市の郊外に建つ「麦の笑(え)」。
店主は元々山形県出身。上田市にあるパン屋「穀蔵(こくぞう)」で修業されてから、独立してお店を持たれたそうです。

自然食品店に併設の店舗は、イートインも可能です。正面にパンのカウンターがあり、奥が厨房スペース。パンは長野県産小麦に季節ごとに酵母を変えて焼かれています。この日の酵母は桃の酵母とトマトの酵母でした。

野菜やチーズを使ったパンが並びます。

 

購入したパンはこちら

今回購入したパンは4種。
・ゴーダチーズとくるみ
・クランベリークリーム
・蜂蜜ナッツ
・リンゴのシナモンロール

ゴーダチーズとくるみはハード系ですが、くるみがぎっしり入っていて酵母が香るパンです。シナモンロールはもっちり系で、こちらも酵母の香りが香る優しい味わいでした。


この記事に関連するキーワード

パン屋さんのご紹介

麦の笑(え)
長野県上田市保野292-2 MAP
電話番
0268-71-6561
営業日
10:00~17:00、不定休

一覧へ

この記事を書いた人

岡田 亮

岡田 亮 さん

本業は会社員。休日は北海道から石垣島まで日本全国パンを求めて彷徨う旅人。海外はパリを重点に エッフェル塔も凱旋門も見ずにパン屋とスイーツとビストロ巡り。お米は年に数回しか食べない変な日本人です。