パンの世界大会で日本人初の総合優勝を果たしたパン職人のお店「Comme’N(コム・ン) 東京・九品仏」がオープン!


2年に1度フランスで開催される、権威あるパンの世界大会「第7回 モンディアル・デュ・パン 2019」にて日本人初の総合優勝を果たしたパン職人Comme’N(コム・ン) の大澤秀一シェフのお店が、2020年8月19日(水)、九品仏にオープン!

オープン当日に訪問!

オープン初日の様子です。
お店は朝7時にオープン。コロナの影響もあり、人数制限があったため2時間ほど待って買うことができました。待ち時間のあいだ、お店の方から冷たいお茶が2〜3回サービスしていただきました。

迷いながら選んだパンたち

シックな黒い紙で包まれたバゲットサンド

店内にはパン好きの牛乳にカフェオレも並んでいます。
さらに、こだわりの国産バターと兵庫県・芦屋にある「メツゲライクスダ」のパテが置いてあるのにはびっくり!
早速ジャンボフロマージュを購入しました。シンプルなバゲットとハムとチーズは最高のコンビです。

 

厨房ではサンドイッチを作っていました

イートインはありませんが、中央にガラス張りの厨房があり、スタイリッシュな店内です。

私も愛用している岐阜の老舗『せせらぎ』さんの持ち手が木で造られたパンナイフ。焼き上がりのバゲットをサクサクっとカットする音が私は大好きです♡

これからちょくちょく買いに行きたいと思います。
オープンおめでとうございます!


この記事に関連するキーワード

パン屋さんのご紹介

Comme’N TOKYO(コム・ン 東京・九品仏)
東京都世田谷区奥沢7-18-5 1F MAP
電話番
03-6432-1061
営業日
7:00 – 18:00(定休日:火・水曜)
HP
https://commen.jp/

一覧へ

この記事を書いた人

大谷 りえ子

大谷 りえ子 さん

ハードパン愛好家。おいしいパンと魅力ある作り手との出会いを求めてパンのある場所どこへでも。訪れたパン屋は国内外で1500軒。シェフの熱意がこもった美しいバゲットやカンパーニュが好きです。国産小麦に興味あり。パン屋さんを巡る旅メディア『パンめぐ』めぐリスト、TV出演も。 https://peraichi.com/landing_pages/view/otanirieko