NYベーグル食い倒れ旅⑦ Kossar’s Bagels & Bialys


ロウワーイーストサイドは老舗店も多く、ここは1936年創業・80年以上の歴史を持ち、ビアリーのお店としてはNY最古だそうです。

鮮やかな赤が印象的な店舗です。

2016年リニューアルオープンということで、すっきり整然とした店内。

スプレッドが可愛く並びます。
この日は祝日の早じまいのようで、もしかすると通常より少なめだったかもしれません。

スモークフィッシュとクリームチーズ。
ディスプレイされていませんが、メニューにはターキーやベーコン等いろいろあります。

こちらには持ち帰りスプレッド各種。

今回は歩き疲れてしまったのもあって、甘いもの欲しさにストロベリー・クリームチーズをプレーン・ビアリーで。

ビアリーはややソフトで軽め、ピンク色のジャンク香るイチゴ味は意外と優しい甘さでした。ビアリーは茹でないベーグルという認識でしたが、ユダヤのイングリッシュマフィンと呼ばれるとのこと。小麦粉、コーシャ塩、水、ビール酵母のみでハンドメイドします。生地を手で丸く広げ、くぼみを付けてオニオンまたはガーリックを乗せるのが伝統的なもの。今は胡麻やドライトマト、オリーブなどを乗せたバリエーションを増やしています。

夜食用に持ち帰ったエブリシング・ベーグル。フルーツはスーパーで購入。他店より少し軽め、歯ごたえ程よく食べやすく感じるベーグルでした。そういえば、こちらでは店員さんが終始ニコニコしていたり、仕事終わりで帰る職人さんが「楽しんでいってねー!」と人懐っこく声をかけてくれたりで、とても感じの良いお店でした。


この記事に関連するキーワード

パン屋さんのご紹介

Kossar’s Bagels & Bialys
367 Grand St, New York, NY 10002 MAP
電話番
212-473-4810
営業日
<営業時間>
6:00〜18:00
無休
ホームページ
http://kossars.com/

一覧へ

この記事を書いた人

前川 昌子

前川 昌子 さん

パンとベーグルがあれば、この世は天国。 幡ヶ谷・634BAGEL店主。 G.デザイナー~子育て主婦~事務&管理職~ベーグル屋←今ここ。 作るも食すも大好き過ぎるパンにベーグル、身体のほとんどが粉もので出来ている。 ちなみに実家は蕎麦屋。 634BAGEL H.P→http://634bagel.com/