注目の谷根千エリア!カヤバベーカリーのDNAを受け継ぐ「根津のパン」


注目のエリアに2018年オープン「根津のパン」を訪問!

谷中にあった「カヤバベーカリー」が惜しまれつつ閉店となり、そのカヤバベーカリーでパンを焼かれていた方が、2018年8月にオープンしたお店「根津のパン」。地下鉄根津駅のすぐ近くにあります。

元お豆腐屋さんだった白木の建物は和の雰囲気、入口のオリーブの木が印象的です。

正面には大きなカウンターがあり、やや小ぶりなパンが並んでいます。比較的にシンプルなパンが多い印象です。

左手にはパンドミとそのバリエーションが棚に並べられていました。

基本のパンドミに加えて、くるみ、パンドミフロマージュ、ごま、ごまとレーズン、ミルク、チョコ、ぶどうなど種類が多いのも魅力です。

 

右手の冷蔵ケースにはサンドウィッチがありました。スモークサーモンとクリームチーズ、ツナとキャロットラペ、ハムタマゴ、ハムチーズなどで、お手ごろな価格も嬉しいですね。

購入したパンはこちら!

購入したパンです。左からぶどうパン、パンドミフロマージュ、くるみブレッド。(すべて1/2サイズ)
国産小麦と自家製酵母で長時間発酵の高加水パンは、モチモチの食感でした。

開店わずか1年半で、早くも客足の絶えない人気のお店になっています。

 


この記事に関連するキーワード

パン屋さんのご紹介

根津のパン
東京都文京区根津2-19-11 MAP
電話番
03-5834-2883
営業日
10:00~19:00、月・木休
インスタグラム
https://www.instagram.com/nezunopan/

一覧へ

この記事を書いた人

岡田 亮

岡田 亮 さん

本業は会社員。休日は北海道から石垣島まで日本全国パンを求めて彷徨う旅人。海外はパリを重点に エッフェル塔も凱旋門も見ずにパン屋とスイーツとビストロ巡り。お米は年に数回しか食べない変な日本人です。