シンプルで力強いハード系が並ぶお店「ブーランジェリー・マルゼルブ」(札幌)


札幌市南区「ブーランジェリー・マルゼルブ」を訪問!

お店に入って、いきなりこの「ぱん面(づら)」の良さと香ばしい香りに、テンションがグンとアップしてしまいました。
札幌市南区、真駒内の近くにある「ブーランジェリー・マルゼルブ」は期待以上のお店でした。

シンプルなハード系が中心で、焼き色が濃く、まさに私の好みのタイプ。
シェフはウィンザー洞爺の「オテル・ド・カイザー」やパリの「エリック・カイザー」で修業された方。

パンはルヴァンリキッドで低温長時間発酵された、風味豊かな味わい深いパンが並びます。

 

オススメはクロワッサン!

 

このクロワッサンが、秀逸。堅めで小麦の香りがしっかり。噛むごとにほんのりと甘さが広がります。

シンプルなパンが並んでいます。ハード系が殆どで、ソフトなパンは見当たりません。
バゲットのミニサイズがあるのも嬉しいですね。

そのほか、購入したパンです。

左上から時計回りに「バゲット・レザン」「チャバタ」「ゲランド」「胡麻と柚子香るさつまいものパン」。

ゲランドはパンの中にマーガリンが入り、表目にフランス・ゲランド地方の塩を振ったパンですが、これもかなり硬めのパン。胡麻と柚子香るさつまいものパンは、もっちりとしたパン生地にさつまいもとクリームチーズが入っており、食べ応えあるパンでした。

札幌中心部から少し離れていますが、再訪必須の素晴らしいパン屋さんでした。


この記事に関連するキーワード

パン屋さんのご紹介

ブーランジェリー・マルゼルブ
北海道札幌市南区川沿4条3丁目2-12 MAP
電話番
011-596-0339
営業日
<営業時間>8:00~18:00 パンがなくなり次第閉店


<定休日>毎週木曜 、第2水曜
facebookページ
facebook.com/b.malesherbes

一覧へ

この記事を書いた人

岡田 亮

岡田 亮 さん

本業は会社員。休日は北海道から石垣島まで日本全国パンを求めて彷徨う旅人。海外はパリを重点に エッフェル塔も凱旋門も見ずにパン屋とスイーツとビストロ巡り。お米は年に数回しか食べない変な日本人です。