秋の味覚が勢揃い!東京駅大丸デパート「ブルディガラ カフェ」


大丸東京店5階にある「ブルディガラ カフェ」の内覧会へ参加しました!

大丸東京店5階にある「ブルディガラ カフェ」で開催された秋の新作発表会内覧会のレポートです。

 

秋の新作をシェフと共に堪能!

秋になると食べたくなるのがかぼちゃのやパンやお菓子。9月から発売となる秋の味覚たっぷりの新作パン6種類、ケーキ3種、さらにハロウィンの焼き菓子3品というなんとも贅沢な、秋の香りを感じる旬の食材がこのテーブルの上に大集合。

色のハーモニーがまさにハロウィンに向けてぴったり。

 

今回の主役のおふたりはブーランジェ杉島氏とパティシエ新田氏。背がすらりとした最近のシェフはお姿もスッキリとして格好いいです。

ブーランジェ杉島氏(左)とパティシエ新田氏(右)

BURDIGALA ブランドミッションとは?
“日常生活を少しだけ上質に”
私たちブルディガラファミリーは、レストラン・ブーランジェリー・カフェなど日常生活の様々なシーンでお客様に普段より少しだけ上質な日常を楽しんでいただくようなパンやケーキを揃えてます。

BURDIGALAの由来は?
BURDIGALAの名前の由来は古代のラテン語で、フランス「ボルドー」地方の意味です。ボルドー地方の肥沃な土地は豊かな地の恵みを受け、類いまれな豊かな食文化を育みました。
そういった食文化をパンを通じてお客様に提案していくという理念のもとBURDIGALAのブランドは誕生しました。

(ホームページより引用)

関東・関西に数店舗展開しているパン屋さんとして人気ですが、こちらは大丸5階の角奥にあり店内に入ると想像以上に広くて開放的な雰囲気。白を基調としながら、落ち着いてゆっくりでき窓から見える景色は抜群、窓からは東京駅周辺が見渡せます。

秋の新作を実食!

リュスティック・オトン

ごろっと詰め込んだ旬の味覚は女性が好む、カボチャ、さつまいも、栗が入ったもっちりとした生地のリュスティックです。冷凍野菜でなく生野菜を加工することにこだわり、隠し味は黒糖の甘さです。

*ボディロン

ブルディガラのかぼちゃのあんぱん。ほんのり甘いかぼちゃの餡がやさしい。

ボディロン

*シトルイユ

楽しい食パンは秋にちなんで、カボチャのピューレをたっぷりと練り込んだデニッシュパン、かすかにシナモンの香りがします。秋の季節限定パン。

*ボン ヴィヴォン

イカスミ入りの生地にパストラミポークハム、セミドライトマト、レッドチュダーチーズ&パルメザンチーズ。パンチの効いた大人の味わい。

*紫芋カレンズのスコーン

秋の気配をしっかりと感じる限定スコーンには、フルーティな味わいを加えるため、ラム酒漬けのカレンズが入ってます。

こちらで焼かれてるパンの小麦粉は、フランス産の小麦粉や石臼で挽いた小麦粉など風味、香りなど違ったものを10種類扱っています。パンの特徴に合わせてそれらの粉をブレンドしてパンに表情をつけているんですね。

秋ならではのお味を是非東京駅大丸で味わってみてください。


この記事に関連するキーワード

パン屋さんのご紹介

ブルディガラ カフェ 東京大丸店
東京都千代田区丸の内1-9-1 大丸東京店 5F MAP
電話番
03-3287-1808
営業日
<営業時間>
月〜水、土・日 10:00〜20:00
木・金(祝日を除く) 10:00〜21:00
(ラストオーダー30分前)
ホームページ
http://www.burdigala.co.jp/

一覧へ

この記事を書いた人

大谷 りえ子

大谷 りえ子 さん

三食、パンでも困らないくらいパン好き。 13年間の海外生活から見えた日本のパンの美味しいに気づき、パン屋さんを巡ってます。 この感動を皆さんに伝えたくFBページ「ハード系パンの食べ比べ」でほぼ毎日更新!BLOG→http://ameblo.jp/rie-092760