つくばでハード系ドイツパンを食べるなら!「ベッカライ・ブロートツァイト」


茨城県つくばの「ベッカライ・ブロートツァイト」を訪問!

つくば市天久保の静かな住宅街の中にある、ハード系のドイツパン中心にサンドイッチやオリジナルパンを提供している人気店「ベッカライ・ブロートツァイト」さん。

筑波大学のキャンパスも近く、桜並木や公園に囲まれた緑豊かなのどかな雰囲気です。

ドイツのパンをメインに扱うお店!予約必須。

ブローツァイト(Brotzeit)とは、ドイツ語で直訳すると「パンの時間」という意味。

バイエルン地方の醸造所やビアガーデンでよく見られる食事のスタイルで、軽食のようなおつまみとパンを並べたようなプレートのことも意味します。

チーズやソーセージ、ピクルスなどをボードに並べ、パンと一緒にビールやワインを楽しみます。

茨城県の筑波学園都市はパンの街と言われるほどパン屋さんがあると聞いて数件周りましたが、こちらのお店は予約せず訪問したので、1回目に訪問した時はパンが殆ど売り切れで、1種類だけありました。

その時購入したのがこちらのフォカッチャです。

そのまま食べても美味しいですが、ハムやチーズを挟み翌日朝食で食べました。

 

 

近くにはヨーロッパから直輸入のチーズ屋さん「ラ・マリニエール」があります!

せっかく東京から来たのだからと近くのチーズ屋さんを紹介してもらいました。ラ・マリニエール(LA MARINIERE)さんです。

農薬や化学肥料を一切使用していない牧草を食べて育った牛や羊の乳からつくられたチーズを、ヨーロッパから直輸入している専門商社ヴィアザビオの実店舗だそうです。
これはぜひまたパン屋さんとチーズ屋さんコンビで行かなければと思いました。

教えていただいたチーズ屋さん、ラ・マリニエールさん

本格的なチーズが勢揃い!

<ラ・マリニエール LA MARINIERE 店舗情報>
住所:茨城県つくば市天久保2-10-1
電話:050-1203-4660
営業時間[水〜土]
11:00~18:00
facebookページ:https://www.facebook.com/lamariniere.by.viathebio/

人気のサンドイッチを電話予約をして再訪問!

前回訪問した時は人気のサンドイッチが受付・引き取りが14時までだったので再度挑戦。

ドイツのパンが勢揃い。いつも名前の違いが頭が混乱してしまいますが・・・。

パンの図鑑からまとめてみました!
ドイツでは小麦粉とライ麦の配合の割合の違いによっても名前がついてます。
小麦粉の割合の多いものから順に

「ヴァイツェンブロート」
「ヴァイツェンミッシュブロート」
「ミッシュブロート」
「ロッゲンミッシュブロート」
「ロッゲンブロート」の5種類に分けられます。

更に粉の挽き方によっても呼び方が変わる事から、ドイツ人のパンに対する強いこだわりは、このような細かい部分からも感じ取る事ができると言えるでしょう。

頭に少し入れて思い出してパンを選ぶのもコツですね。

名前が難しいドイツパン!汗

バウアンブロートにハムやチーズやタンドリーチキンがいっぱい詰まったサンドイッチを予約して置いたので、お店に着いてから作ってくださった出来たてサンドイッチをゲット。

具沢山のサンド

バゲットにハムとチーズがサンドされたとってもシンプルなサンドイッチも。シンプルだからこそ素材の良さがわかります。

バゲットのサンド

サンドイッチメニューも豊富!

クロワッサンもいただきました。
断面が綺麗!

ドイツ産オーガニック小麦も使用。小麦に対するこだわり。

嬉しいことに、オーナーの菅原さんに厨房の奥にある場所まで案内して頂きました。

なんとドイツ語の文字が書かれた小麦粉の袋が隅に!ドイツ産オーガニックの認証を取っている小麦粉でした。

菅原さんは、都内のパン屋で7年働き、店を開く前に1年間ドイツに行かれたそうです。

私もドイツに住んだことがあったので、お話が盛り上がりました!菅原さんはケルンにいたそうで、私の住んでいたデュッセルドルフからも近かったので親しみを感じました。

ドイツのビオのパン屋で働いていたときの経験から、材料の選び方を学び、オーガニックを使っていこうと思ったんですね。

北海道、茨城産のゆめかおりなどの粉もあり、粉についての説明もお聞きしました。小麦からこだわってることからパンへの情熱を感じられますね。ドイツのオーガニックに小麦を見た時は思わず心にぐっとくるものがありました。

ろばの家」ではイートインでパンが食べられます!

道路を挟んだ所にある雑貨さん「ろばの家」では飲み物を注文すればベッカライブローツァイトのパンを食べることができます。

「ろばの家」とは、暮らしの道具と食べもののお店です。

ドアを開けた瞬間のなんとも言い難い、すっとした空気感。この場所でのパンとの時間が遠い距離を忘れさせてしまいます。

毎日を心地よく過ごすための道具や器などが販売されています。

<ろばの家・店舗情報>

茨城県つくば市天久保2丁目11-1コーポりぶる1F
<営業時間>9:00~18:00
<定休日>月・火曜日定休

https://www.facebook.com/robanoie/


この記事に関連するキーワード

パン屋さんのご紹介

ベッカライ・ブロートツァイト
茨城県つくば市天久保2丁目10-20 MAP
電話番
029-859-3737
営業日
<営業時間>
9:00~なくなり次第終了


<定休日>日曜日・月曜日

一覧へ

この記事を書いた人

大谷 りえ子

大谷 りえ子 さん

三食、パンでも困らないくらいパン好き。 13年間の海外生活から見えた日本のパンの美味しいに気づき、パン屋さんを巡ってます。 この感動を皆さんに伝えたくFBページ「ハード系パンの食べ比べ」でほぼ毎日更新!BLOG→http://ameblo.jp/rie-092760