フランス人シェフが作る本場のパンをつくばで!「ダヴィッドパン」


つくばパン屋巡り!「david pain ダヴィッドパン」を訪問!

パンめぐメンバーとのパン屋巡り。7月はつくばのお店を回りました。
東京駅を9時に車で出発、10時前には1軒目の「david pain ダヴィッドパン」に到着。つくばって近いんですね。緑色の壁と白い文字が青い空によく映えます。

緑と白のコントラストがおしゃれな外観

コルシカ島生まれのダヴィッドさんが作る「フランスのパン」

2007年3月にオープンしたお店は、コルシカ島生まれのダヴィッドさんと日本人の奥様の二人三脚で営まれています。自家製酵母を使い本場フランスのパンをお客様に提供。
目についたのは“バゲット”と“ペイザン”という田舎パン。大きく焼かれたパンや焼き色の良さに惹かれます。

バゲットとペイザン

ショーケース内には食事パン、ヴィエノワズリー、カヌレやプチフィナンシェ。右側にはサンドイッチやガトーショコラもありました。サンドイッチがすごく美味しそうだったのですが、この日は猛暑でこれからまだ相当数回るので断念(涙)。

店内左手には「ピープルツリー」のフェアトレード商品やオーガニック商品が並んでいるところから、口にするもの手にするもの、環境に気を遣っていらっしゃるのが感じられてさらにパンへの期待が増しました。

フェアトレード商品なども販売

オススメのパンを実食!

バゲット(250円・税込)

北海道産小麦粉、自家製酵母、天然塩のみ。お店一押しのパン。クラストは青々とした香りとバリッとした噛み応え、クラムはむっちりとして軽い酸味も感じます。噛みしめるとコクのある旨みが広がります。

クロワッサン(170円・税込)

国産小麦粉、国産バター、自家製酵母使用。濃い焼き色。帰宅後リベイクするとバターのいい香りが復活。サクサクの食感と内側のふんわり感、端の方はバターがじゅわっとして美味しい。

ショコラ・マロン(250円・税込)

フランスパン生地はむっちりとして、フルーティーなチョコレートと甘いマロンペーストがたっぷり入ったパン。小麦の美味しさとしっかりした甘さが同居して気づくとモグモグ半分くらい食べ進めてました。食べ過ぎ注意です!(笑)

ダヴィッドさんと奥様にお勧めのパンを聞きながら、本場フランスのパンを堪能いたしましょう。日によっては早い時間に完売してしまうので早めの訪問や予約をお薦めします。


この記事に関連するキーワード

パン屋さんのご紹介

david pain ダヴィッドパン
茨城県つくば市牧園7-11 MAP
電話番
029-871-1214
営業日
営業時間:7:30~15:00(売り切れ次第閉店)
定休日:月曜・火曜
FACEBOOK
https://www.facebook.com/davidpain2007/
ご予約について:仕込みからパンになるまで48時間以上かかります。ご予約は、出来るだけ3日前までにご連絡ください。当日のお取り置きはお受け出来ません。

おすすめパン

バゲット(250円)
マロン・ショコラ(250円)
クロワッサン(170円)

一覧へ

この記事を書いた人

岩田聡子

岩田聡子 さん

パン屋さんめぐりは人と人を繋ぐ。転勤族&専業主婦の私でも気づけばパンを通じて友達の輪が!!旅行好きな主人と地方のパン屋もめぐってます。