薪窯で焼いたパンに北海道で出会えた感動!「Aigues Vives(エグ・ヴィヴ)」


フランスの地名が由来の「Aigues Vives(エグ・ヴィヴ)」

2000年に小樽市忍路(おしょろ)で開業された「Aigues Vives(エグ・ヴィヴ)」さんへ念願の訪問。

店名「エグ・ヴィヴ」は、フランスの地名で、このパン屋さんのある場所、忍路とほぼ同じ北緯なんだそうです。
なんとも名前の付け方からして格好いいですね。

 

札幌から車で1時間ほど、国道から脇道に入った丘の上に「Aigues Vives(エグ・ヴィヴ)」はあります。決してアクセスが良いとは言えない場所ながら、お客様が続々と足を運んでます。

忍路トンネルを抜けるとお店の目は真っ青な海が広がります。

 

 

今回はレンタカーを借りましたが、バスを使うこともできます。現在は、舗装された道路で来ることが出来ましたが、以前は少し大変だったみたいです。

桃内~忍路間の国道5号線が、崖崩れなどの危険箇所が多くあったそれまでの海岸沿いから、安全対策のために山側へと切り替わったそうです。

ヨーロッパを思わせる雰囲気にドキドキ。

ヨーロッパの田舎を思わせるような看板。駐車場は5~6台ほど、お店の前に停めるスペースがあります。

石畳の階段を上がっていきます。

私の目に飛び込んだのがこの積み上げられた薪です。これだけでもパンの美味しさが想像できちゃいますね。

写真撮影は店内禁止なので残念ながらここまでです。

丹野隆善シェフの経歴がパン職人としては珍しく、北海道大学の理学部を卒業、地球物理を専攻していたとあります。それから一変して、元からパンを食べるのも好きだったのですが、作る楽しさを知ったことがきっかけで職人を目指し札幌の老舗ベーカリーである『ブルクベーカリー』で2年間修業。

その後にヨーロッパ諸国を巡る旅に出たそうです。私の想像ですが、きっと薪窯で焼くヨーロッパ伝統のパン文化に出会い、北海道の地でパンを焼こうと思ったのでしょうね。

フランス製薪窯は燃焼室で薪を燃やし、上の焼床を温め、その「余熱」でパンを焼くそうです。薪で焼いたパンを食べれるなんて今年一番の思い出ですね。

思わず購入したバゲットと一緒に。

紙袋も素敵裏と表のデザインが違います。

車で近くにある公園を探して、焼きたてパンから食べていく幸せな時間。

購入したパンはこちら。

この焦げた部分も美味しく、とにかくトマトが甘くてジューシー。手がベトベトになりながらもパンとトマトが絶妙な組み合わせ、生地とのコンビネーションも抜群。

 

「クロワッサン」
この焼き色と艶やかなクロワッサンの顔!ザクッと歯ざわりが良く、発酵バターの濃厚さとほのかな甘みが私の好みの味わい。

 

エグ・ヴィヴさんは予約可能なので、確実に食べたいものがあれば予約電話で予約できます。キッシュは焼き上がりが12時半ぐらいなので確かめて訪問時間にはご注意を。

季節の食材を大切にしたパンの種類が並ぶので、今回は夏でしたが、クリスマスにはシュトーレン、お正月はガレット・デ・ロワなどを販売してるのでぜひ購入したいです。

(2019年8月訪問の内容です。)


この記事に関連するキーワード

パン屋さんのご紹介

Aigues Vives エグ ヴィヴ
小樽市北海道小樽市忍路1-195 MAP
電話番
0134-64-2800
営業日
営業時間 11:30~18:00 (売切れ次第閉店)
定休日 土曜・日曜・祝日

一覧へ

この記事を書いた人

大谷 りえ子

大谷 りえ子 さん

三食、パンでも困らないくらいパン好き。 13年間の海外生活から見えた日本のパンの美味しいに気づき、パン屋さんを巡ってます。 この感動を皆さんに伝えたくFBページ「ハード系パンの食べ比べ」でほぼ毎日更新!BLOG→http://ameblo.jp/rie-092760