銀座木村家から暖簾分けして創業100年以上。守り続ける庶民の味「築地木村家 ペストリーショップ」


明治43年創業。銀座木村家のれん分け正会員の店。

銀座木村家のれん分け正会員でもあるお店「築地木村家 ペストリーショップ」
築地場外市場内にも店舗があり、以前あんぱんを買ったことがあるのですが、銀座四丁目交差点にある本店には今回初訪問。本偶然に築地周辺を歩いていて見つけました。

 

築地駅の路地のビルの立ち並ぶ一角にあるレトロな佇まいのお店。

 

創業110年というところから凄い!明治43年の築地木村家の創業者「内田栄一氏」により、築地木村家の歴史ははじまります。
今は4代目窯元となる「内田秀司」へ引き継がれました。

帰りにこのような会員証を発行を頂きなんか嬉しい気分。

会員証がもらえた

進化したあんぱんは30種以上。守り続ける庶民の味。

お惣菜パン、サンドイッチ、菓子パン、懐かしいシベリアンパンまで、幅広いセレクトです。あんぱんは常に進化を重ね、今ではなんと30種以上。とにかく手作り感いっぱいの店内は、あちらこちらに目が行き、魅力がぎゅっと詰まっています。

所狭しとパンが並んでいる

銀座木村屋さんではパン種は酒種ですが、築地木村屋さんではホップを使っているそうです。酵母を活かしたまま1日寝かせ生地を熟成させ、成形して焼くそうです。本店の味わいは庶民的で、形も大きめですね。

罌粟あんぱん (こし)

一番人気「牛すじ玉ねぎカレーパン」そして店内では、「カレーライス?!」

一番人気牛すじ玉ねぎカレーパン。

お店の表示によると、国産牛の牛すじ・バラ肉と玉ねぎを3時間煮込んでいるそうです。

熱々を食べたかったので店内奥にあるカウンター席で頂きました。すると・・・お隣の席でサラリーマンがカレーを注文。「あれ〜パン屋さんなのにカレーライス?!」
なんと白いご飯のカレーが食べれるとは驚き。店内にはカレーパンと並んで持ち帰り用カレー丼があるのを思い出しました。

次回は是非カレーも味見してみたい。

カレー丼とカレーパンが並んで販売

玉子焼の名店「丸武」と築地木村家のパンを使った「厚焼き玉子サンド」も名物です。


この記事に関連するキーワード

パン屋さんのご紹介

築地木村家ペストリーショップ本店
東京都中央区築地2丁目10−9 MAP
電話番
03-3541-6885
営業日
営業時間 7:00~20:00 日曜定休
ホームページ
https://www.tsukijikimuraya.com/

一覧へ

この記事を書いた人

大谷 りえ子

大谷 りえ子 さん

三食、パンでも困らないくらいパン好き。 13年間の海外生活から見えた日本のパンの美味しいに気づき、パン屋さんを巡ってます。 この感動を皆さんに伝えたくFBページ「ハード系パンの食べ比べ」でほぼ毎日更新!BLOG→http://ameblo.jp/rie-092760