イタリアンベーカリー「プリンチ」が代官山「T-SITE」に2019年7月オープン!色鮮やかなピザからスイーツまで!


代官山 蔦屋書店を中心に、様々なお店が散歩道でつながっているライフスタイル提案型施設「代官山T-SITE」に、 「プリンチ」がオープン。日本では、単独店は初めてです。

『プリンチ』は、1980年代にミラノにオープンしたイタリアンベーカリー。

オープン初日で行列は覚悟で行きましたが、さすがスターバックスが運営に関わるだあり、行列で待つシステムがスムーズ。

 

まず受付の方からこのレシートのような紙を受けとります。自分の順番の番号が書いてあります。

ここにある携帯のQRコードよりアクセスすると、呼出状況の確認、お呼出メールが設定できメールでお知らせがきます。その間は自由に過ごすことができるので、私はブラブラと散歩した蔦屋で本を見たり。

このシステムは画期的ですね。

 

まず正面にはオープンキッチンを配置した臨場感ある空間が目に飛び込んできます。窓際にはイートインの席がありテーブル席はありませんが、外にあるテラス席でも食べれるようになってます。

 

*朝食には

ミニクロワッサンのようなサクサクの「コルネッティ」がおすすめ。

コルネッティとは、イタリア語で「小さい角」を意味するイタリアを代表するペストリー。フランスのクロワッサンより生地はやわらかく、発酵バターの香りがふんわりと漂います。シンプルなコルネッティを選びましたが、ケースには数種類の可愛いコルネッティが並んでます。

 

他にはブリオッシュ、ペストリー類もそろっています。

 

 

*昼食には

フォカッチャピッツァ

野菜やチーズやハムなどがトッピングされボリューミーでおいしそう。

 

 

 

フォカッチャ ピザ  モッツァレラ ディ ブッファラ  980円

忙しいのにも関わらず木村店長の丁寧な説明があり、このフォカッチャ ピザ は冷やして食べた方が美味しいとのこと。

フォカッチャ ピザ なら温めて食べる方がと私なら思いがちですが・・・・。後ほど実食。

*夜におすすめは?

夜はカクテルとともに本場イタリアのレシピを味わえるメニューがあります。

 

こちらは夕方からのメニュー。

夕食前のアペリティーボは時間帯ごとに違うメニューがそろい、魅力がありますね。

 

シュークリームをチョコレートで包んだような「ピニョラータ アル チョコラート」

(奥にあるチョコレートのコーテングされたもの)

 

厨房からは生地の成形からオーブンから取り出す様子まで見ることができ、オープン当日とはいえどもスタッフのチームワークの良さと笑顔が素敵でした。

オープンで特別?なのかもしれませんが、かわいいコースターを一枚いただきました。

さっそく我が家の食卓に並びます。

お店の方が言った通りに「フォカッチャ ピザ  モッツァレラ ディ ブッファラ」は、冷蔵庫で冷やすと、冷んやりとしたモッツァレラチーズと柔らかさの残る生地もすんなりと口の中に。

もうひとつの「フォカッチャピッツア クアトロ スタジオーニ」はしっかりとオーブンで温めて。プロシュート トマト、アーティチョーク マッシュルーム オリーブ とバジルやオリーブオイルが香る具沢山でこれまたボリュームたっぷり。

チェレアリバゲット360

フランスのバゲットより軽い食感。

 

*ドリンクメニュー

・スターバックスリザーブロースタリーがプリンチのために特別にブレンドしたコーヒー豆を使ったエスプレッソ(580円)

・カフェアメリカーノ(580円)

・カフェラテ、カプチーノ(各630円)

・グラスワイン(700円〜)

・イタリアンビール「モレッティ」(700円〜)などのラインアップ。

 

*2019年7月に訪問した記事の内容です。


この記事に関連するキーワード

パン屋さんのご紹介

一覧へ

この記事を書いた人

大谷 りえ子

大谷 りえ子 さん

三食、パンでも困らないくらいパン好き。 13年間の海外生活から見えた日本のパンの美味しいに気づき、パン屋さんを巡ってます。 この感動を皆さんに伝えたくFBページ「ハード系パンの食べ比べ」でほぼ毎日更新!BLOG→http://ameblo.jp/rie-092760