“「パン好きの聖地」Zopf“のカレーパン専門店が東京駅内に初出店!


松戸にあるパン好きの聖地「ツオップ」の人気No.1のカレーパン。そのカレーパンが食べられる専門店が、東京駅内に2019年7月10日(水)オープンしました。

内覧会に参加した内容を掲載します。

 

場所はJR東京駅地下1階改札内「グランスタ」内で立地条件としてはバッチリです。

現在、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて行われている「東京駅北通路周辺整備」という計画があり、東京駅の北通路のところに大きな商業スペースを作って70店舗ほどが出店するという事業の先行オープンとして今回のツオップの出店があります。

伊原シェフがなぜここにカレーパン専門店を開いたのか?

松戸にある本店とは違い、こちらはあくまでもカレーパン1種類のみ。
シェフによると、海外ではあまり馴染みのない日本独自に進化したカレーパンを多くの方々に味わって欲しいと、全国からはもちろんのこと2020年に向けて世界中からお客様を迎える東京の中心「東京駅」を選ばれたそうです。カレーパンの発信地になれば素晴らしいですネ。

とっても明るい笑顔が印象的な東京駅グランスタ店のマネージャーさんです。

伊原シェフによると松戸にある本店と全く同じとはいかないので、一年かけて試行錯誤してやっと完成したとのこと。
自家配合カレールウをたっぷり生地につめたカレーパンは、外側の衣のガリッとした食感と、中の生地の柔らかな食感のコントラストが印象的。フィリングの具材は、牛の挽き肉のほか、金時豆、マッシュルーム、フライドオニオンなどをを使用して、これらを15種類のスパイスとともに煮込み、計2日間かけて仕込むというこだわり。

衣のパン粉は、このカレーパン専用にパンからお店で手づくりされてます。

 

 

フライヤーが大活躍してるところ!不思議と油の匂いがあまり充満してません。
フライヤーの時間は6分。「揚がりました〜。」の声にテンションが上がります!

 

熱々揚げたてを口にする幸せな時間。

 

断面からも生地のもっちり感が伝わります。

オリジナルカレーパン 1個   324円(税込)

オリジナルカレーパン 4個入  1.296円(税込)

松戸市小金原の住宅街の中にある大人気の本店、『バックシュトゥーベ ツオップ』へもぜひ足を運んでみてください。多国籍で種類豊富なパンが店内にはずらりと並んでます。

店名のZopfとはドイツ語で編み込みパンの名前。お店の外観からも2階のレストランもどこかドイツの趣きたっぷりの雰囲気。

もちろんドイツパン屋らしいハード系もありますが、お店に並んでるパンは多国籍で毎日約300種類のパンが焼き上がり、次から次へと来るお客様に負けないくらい、焼きたてパンが出てきます。

全国のパン好きを喜ばせる秘訣はここにあるんですね。


パン屋さんのご紹介

ツオップ カレーパン専門店
東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅地下1階 MAP
電話番
03-5220-5950
営業日
営業時間:

<月〜土・連休中日の祝日>
AM8時〜PM22時

<日・連休最終日の祝日>
AM8時〜PM21時

一覧へ

この記事を書いた人

大谷 りえ子

大谷 りえ子 さん

三食、パンでも困らないくらいパン好き。 13年間の海外生活から見えた日本のパンの美味しいに気づき、パン屋さんを巡ってます。 この感動を皆さんに伝えたくFBページ「ハード系パンの食べ比べ」でほぼ毎日更新!BLOG→http://ameblo.jp/rie-092760